PENTAX

HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR

標準ズーム 16-85mm

16-85mm

最初にレンズを選ぶとき、16-50mmと16-85mmで悩んだのですが、望遠端の差でHD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WRを選びました。
正直に言うと、16-50mmのf2.8通しに強く惹かれたのですが(ファインダー覗くと、全然違うし)望遠端側の50mmが僕にはどうしても引っかかり、悩んだ末にこちらを選んだと言うことなんですが……。
お店で比較した時は、たしかに凄く悩んでたんですよ。
買った帰りの電車の中でも、f2.8を選択しなかったことに少し後悔の気持ちがあったんですね。
でも、帰ってからK-3にレンズを付けて撮りに出かけると、そんな気持ちも忘れ去ってしまいました。
何が言いたいかというと、両手に16-50mmと16-85mmを持って交互に比較するから、悩むし後悔したりするということです。
比較などしないで、最初からHD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WRだけを使っていると、間違いなく満足度は高くて後悔することはありません。
それぐらい素晴らしいレンズです。

今でこそ、35mmや50mmの単焦点レンズを使ってみたり、マクロを使ってみたりしてますが、そんなのが無くても、これ1本あれば困ることはまずないと思います。
えっ、マクロは無いとダメだろって?
たしかに、本格的なマクロを考えるなら当然、マクロは必要ですね。
でも、撮っている途中で、あっ、これ寄って撮りたい!と思った時に、85mmで撮れば簡易マクロ的な使い方も出来ます。
ま、あくまでも緊急措置的なものですけど。

あと、このレンズの良いところは、16mm始まりだということですね。
屋外で広大な風景を撮る時に、ファインダーを覗いていると気持ちいいですよ。
この広がりは、キットレンズでは味わえないものです。
それだけではなく、部屋の中で家族の写真を撮ったりする場合、意外とこの16mmが実力を発揮するんです。実は、先日、久しぶりに家族が集まった時、もうひとりカメラを持ってきてたんですよ。
某C社のカメラ(-_-;)
僕は16mmで片や18mm。
同じ位置から撮ると、18mmでは収まりきらないところ、僕の16mmだと無理なく収まる。
狭いところで、あと一歩下がりたいと思う時がありますよね。大丈夫です。
その為の16mmですから。 ← ホントか?

それと、このレンズは簡易防滴仕様なので、旅行に持っていくには心強いですね。
突然の雨でも、慌てることなく撮り続けることができますから。
でも、僕自身は濡れてる場合が多いですけどね……傘、持ち歩かないしw
また、85mmという長さも風景を撮る時だけではなく、一緒に旅行に行った彼女や彼氏の写真を撮るにも最適かなと思うわけです。
海に落ちる夕日を背景にして、ポートレートを撮るなんて素敵だと思いませんか?
このレンズだと綺麗なボケが作れるので、最高の一枚が撮れるはず。
いや、撮れるかどうかは、あなたの腕しだいと言うことで(-"-)

そして、外観。
僕の好きなスタイルです。
少し重みはありますが、持ってて疲れるほどでもないし、サイズ的にもそれほど大きくない。
普通のカメラバッグなら、K-3に付けたままで収まるし、たぶん、もう一本レンズが入るぐらいの余裕はあると思います。
そりゃ、バッグのサイズにもよるだろって?ごもっともです^^;

さて、肝心の写りに関してですが、僕好みのしっかりとした線を出してくれます。
締まった絵作りが出来るというか、カッチリした写りが好きな人には好まれると思います。
僕は、このレンズでも、だいたいf5.6ぐらいで使うことが多いのですが、どこかボヤっとしてるよなと思う時は、殆どの場合、僕が微妙にピントを外してます。 ← へたくそ(-"-)
ピッタリとピントが合った写りには、何の不満もありません。
ただ、被写体にもよりますが、16mmで撮った時に、周辺で収差がでることもあります。
と言っても、ホンのわずかなもので、それこそLightroomで色収差を除去って✔してやると、一瞬で消えてしまいます。
それから、逆光に関しては非常に強いと思ってます。
他のレンズにはフードを付けることが多いのですが、このレンズにフードを付けたことはありません。
それでも、フレアで悩まされたことも無く、良好なコントラストを保ってくれています。
なので、フードは家に置きっぱなしw

AFは、DCモーター駆動だけあって、静かで速いです。
気持ちよく写真を撮れます。この感覚って、けっこう重要だと思うんですよ。
動きも遅くて、ウィ~ンなんて唸ってると、近くにいる人が振り向くこともありますから。
機嫌よく撮っているのに、そんなのって嫌じゃないですか。
その点、DC駆動だと、リズムよく、サクサクと撮り続けることができますよ。
あと、このレンズはクイックシフト・フォーカスがついているのですが、肝心のピントリングの動きもスムーズで気持ちいいです。

正直に言うと、このレンズに関してはあまり書くことが無いんですよ。
何故って、全てにおいて平均以上だと思っているから。
なので、買うべきでしょw

そして、値段ですが、市場価格で約65,000~
これを高いと考えるか、安いと考えるかですね。
僕は、妥当な価格だと思っています。
極端な話、他のレンズは買わずに、これ1本で何でもできてしまうぐらい使い勝手の良いレンズだと思いますよ。

◇ HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR(仕様)

 レンズタイプ          標準ズーム
 焦点距離(35mm換算)   16-85mm(24.5-130mm)
 開放絞り値         F3.5-5.6
   最小絞り          F22-38
 画角            83°-19°
 レンズ構成         12群16枚
 絞り羽根枚数        7枚
 最短撮影距離        0.35m
 最大撮影倍率        0.26倍
 フィルター径        72mm
 最大径 x 長さ         78 x 94 mm
 質量(重さ)         488g

16-85mm B16-85mm B

16-85mm

美術館

廊下

つくね

東京駅

海


AMAZONで価格を調べる