PENTAX

smc Pentax-DA 35mm F2.4 AL

単焦点35mm 標準レンズ

da35mm

世間では撒き餌レンズと呼ばれている、メーカーの戦略的レンズのひとつですね。
作りがプラスチックで安っぽいと言われることもありますが、実際にK-3につけた状態では、わりと質感のある素材なのでそれほど違和感を覚えることもありません。(個人の主観にもよるが)
また、もうひとつのマイナス要素として言われているのが、マウント部分のプラスチックですが、エンジニアリングプラスチック製であり、耐久性に関しては、さほど問題無いのではなかろうか……と。
ただ、金属製のマウントが当然と考えているなら、精神的には良くないかもしれないですね。
個人的に残念だと感じるところは、結構寄れるレンズなので、クイックフォーカスが付いていればもっと良かったのにと思わなくもない。それでコストが跳ね上がるのであれば、無くても問題ないですが。
細かなところでは、リアキャップが通常の回してカチッとセットするタイプではなく、キャップを被せるように、パコッとはめ込むタイプとなっています。
まぁ、チープさを感じさせるひとつではありますけど、この辺のコストを抑えて、光学部分をしっかりと作り込むと考えたのであれば、それはそれで正解だったのではと思います。
と言うか、そう思いたい。

上記のような理由で作りがチープと言われることもありますが、それがプラスに働いて、非常に軽いです。
カバンの中に放り込んでいても負担にならないし、場合によっては、ポケットに入れていてもあまり邪魔に感じることはありません。
いざという時の為に、標準レンズの1本として持ち歩くには非常に助かるといったとこです。

肝心の写りについては、開放でも非常に安定しており、周辺での光量落ちも気にならない範囲ですね。
もし気になるのであれば、少し絞ってやるだけで解消します。
解像力も開放から高いレベルで、5.6ぐらいまで絞ってやると確りとした線をだしてくれます。
ただ、個人的には、もう少しカリッとした写りの方が好みなので、そこはLightroomの力を借りているんですが、これはもう好みの問題だと思います。
なので、しっかりと解像しつつ柔らかな表情が好きな人は、そのままで十分に満足できる状態だと思うし、なによりも、開放から安心して使えるのは非常に心強いですよ。
あと、AFについては、作動時にジッジッと音がしますが、一瞬で決まる速さがあるため殆ど気にならないし、これまで使っていてAFでストレスを感じたことはありません。
55-300mmとかの方が、よっぽどストレスを感じますw
単焦点と言えば、ボケはどうなのと気になるところですが、個人的には素直で綺麗なボケだと思っています。
下に掲載している写真は、ブランコが絞り2.4で、それ以外は全て絞り5.6で撮ってます。
自然な感じで違和感なんて感じないでしょ?
まぁ、被写体がもう一歩ってこともあるけど、参考になれば。

いずれにしても、2万円弱で手に入るレンズとしては、非常に高いレベルだと思います。
全体の作りと言う部分にこだわりが無ければ、気軽に使えるレンズとして買ってみるのも良いかと。

◇ smc Pentax-DA 35mm F2.4 AL (仕様)

 レンズタイプ          標準単焦点
 焦点距離(35mm判換算)   35mm(53.5mm)
 開放絞り値         F2.4
   最小絞り          F22
 画角            44°
 レンズ構成         5群6枚
 絞り羽根枚数        6枚
 最短撮影距離        0.3m
 最大撮影倍率        0.17倍
 フィルター径        49mm
 最大径 x 長さ         63 x 45 mm
 質量(重さ)         124g

DA35mm BDA35mm B

DA35mmC

ブランコ

梅

車

林道


AMAZONで価格を調べる