おとぼけK-1

FA 50mm 1.4が手元に来たので、これもご多分に漏れずAFの微調整をします。
前回の記事で-1とか書いてましたが、あれ誰が書いたんだ? ← おまえです(-_-;)
どうもしっくりこなかったので、三脚を使って真面目に精度を測ってみました。
やっぱりズレてるじゃん。

僕の測り方は、50mmの場合2~3m先にチャートを置いて、絞り開放状態でワンステップずつ比較していきます。
まぁ、前ピンと後ピンを確認して、正常な位置でピントが合うように調整するわけですが、前ピンの場合は+修正?それとも-修正?と悩んだりしませんか?
一番最初に調整した時、マニュアルを読むのが面倒なので、ネットで調べました。
カメラなんてどれでも同じだろうなんて軽く考え、目に付いて分かり易そうなサイトを参考にしたわけですが……そのサイトの基準はCANON。
CANONの場合、前ピンであれば+方向へ、後ピンだと-方向に調整するようになってます。
その感覚でK-1に当てはめると、なんと逆でしたw
最初からマニュアルを見ろという話ですが、K-1の場合、後ピンの時は+方向に、前ピンの時は-方向に調整します。
これ、CANONと逆じゃないの。
ちなみに、NIKONもCANONと同じです。

で、結果的に僕のK-1とFA 50mmの組み合わせでは+1がベスト。
ん~、-1と+1って、全然違ってたわけですね。
きっと、その時の僕は、新しいレンズを手に入れて浮かれてたんです。

それにしても僕の“おとぼけk-1”
やっぱり、工場できっちりピント調整してもらうかな。
ズームだと同じレンズなのに望遠端と広角端でも微妙にズレているし。
でも、サービスセンターで調節できる部分では無いと突き放されてるしねぇ。
言っても誤差の範囲ぐらいだと思いますが、精神的に良くない。
すぐに忘れてしまうけど^^;

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ