アングル

R0010358
GRdigitalⅣ

写真を撮る時に、あなたは何を考えながら撮ってますか?
改まって、何を考えながらと言われたら、答えようが無いですかね^^;
ちなみに、僕はあまり考えてないんですけどw

考えてないと言いながらも、頭の中でイメージは作っているわけです。
そして、そのイメージに合う写真が撮れるまで、何回もシャッターを切るわけですが、頭の中のイメージを形にするのって、本当に難しいと思います。
まぁ、それが簡単にできたら、誰でもプロになれるのではないかと……。
そんなことは無いかな。
でも、写真って、偶然撮ったものが予想以上に上手く撮れてるとか、頭の中では予想していなかった写真が撮れたとか、わりと意外性があったりするもんですよね。
それはそれで嬉しいことなんですが、やっぱり写真を撮るからには、自分のイメージを表現したいと思うわけです。

今日の写真も、TAMRON SP AF 90mm MACROの紹介記事を書く時に、いかに迫力を伝えようかと考えながら撮った中の一枚なんですが、正直、自分が予想していた以上にドッカーンとしたイメージで撮れてしまいました。
これはこれで面白いのですが、ちょっと誇張し過ぎと言うか、わざとらしいと感じたので、紹介記事では使わなかったんです。
実際には、それほど大きなレンズではないのに、この角度の写真で見ると、かなり大きく見えて(感じて)しまう。
それはそれでどうなのと思ったので、ラインナップから外したってことです。
まぁ、フードを付けているので、余計にデカく見えているわけですが。

とは言え、僕としては好きなんですよ、こんな感じ。
ちょっと、ピントが甘くてスッキリ感は無いですが、カメラの写真として見るには面白い。
なので、いつかは使いたいなぁと思いながら、ずっと寝かせていたのを引っ張り出してきた。
そんな感じですね。

いつも見ているものでも、ちょっと角度を変えて撮ってみると、全然違った表情を見せてくれる時があります。
写真の神様が、ほんのちょっと手助けしてくれた、みたいな。
だから、写真って楽しいんでしょうね。

と言うことで、僕は、ひとつのものを撮る時に、必ず3方向からアングルを変えて撮ります。
すると、一枚ぐらいは へぇ~ と思うようなものが撮れてたりする。 ← まぁ、偶然に期待してるとこもありますが(-_-;)
撮る枚数が増えて後の整理が大変だけど、思わぬ発見をするかもしれませんよ。
写真は、数打ちゃ当たる! これで行きましょうよw

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ