クロスプロセス

時々、Lightroomでクロスプロセス現像をしてます。
元々は、フィルムの時代にネガフィルムをリバーサルの手法を使った現像処理をする、またその逆で、リバーサルフィルムでネガ現像処理をする手法のことをそう呼んでました。
要するに、本来使うべき現像液とは違うものを使って現像すると、予想不可能な発色が現れる。
簡単に言うと、そう言うことです。
ただ、デジタルが主流になった現代では、現像液そのものを使いませんから、それに似た効果をデジタル処理で実現してしまおうということですね。

まぁ、フィルムの様にある意味一発勝負じゃないので、デジタルであれば気に入らなければ何度も修正が出来るし、そういう意味では本当のクロスプロセスとは呼べないのだと思います。
まぁ、クロスプロセス風処理ってことかと。
Lightroomでもプリセットとして複数パターンが用意されているし、予測不可能と言う意味からは外れています。
とは言うものの、これも写真の楽しみ方のひとつではあるわけで。
なんにしても、色々といじくってる時間が楽しいわけですよ。
きっと、それは誰しも同じことですよね。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ