ソフトフォーカス

PENTAX-Mの50mm f1.7です。
幻想的なソフトフォーカスになってるでしょ?
ピントも合ってるようだしw
実は、この写真を撮ってるレンズもPENTAX-M 50mm f1.7なんですよ。
要するに、同じレンズを2本持っているということなんですが、この写真を撮った方の50mm f1.7は少し特殊。
でも、特にフィルターを付けている訳でも無く、ノーマルの状態で撮影しても上の写真になってしまいます(-_-;)

その理由は、これ。

後から2枚目のレンズが、蜘蛛の巣状にヒビ割れてます。
別の角度から見るとこんな感じ。

ね、凄いでしょ?
割れた理由は、バルサム切れのレンズを剥離しようとして、見事に失敗!
まぁ、何事も経験です。
おかげで安全な剥離方法がわかったし。
その悲惨で使えそうもないレンズを付けて撮ると……

普通なら、もう使言えないからと処分してしまうところですが、この状態で写真なんて撮れるのかな?と興味がわいて、試しに撮ってみたらこの写り具合w
まさか砕けたレンズで撮ったとは思えないですよね。
使い方によっては、味のある写真が撮れるんじゃなかろうかと。
と言うか、ソフトフォーカスこれでよくないですか?

ちなみに、レンズの裏から光にあててみるとこんな状態になってます。
レンズの前面からと背面からの2枚ですが、

これ見ると、もう笑っとくしかないですねw
と言うことで、最高クラスのジャンクレンズですが、捨てられない状態で出番を待ってます。
ポートレートなんて撮れば、きっと良い雰囲気で写せるはず。
でも、割れたレンズを向けられるモデルさんのことを考えると、なんとも申し訳ない(-“-)
それを理解してもらえると、雰囲気のある写真が撮れると思うんだけど……残念ながらモデルがいないというw
誰か、このレンズのモデルになってもらえませんかねぇ(;一_一)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ