ノイズ軽減

IMGP4342-2
PENTAX K-3 + HD DA16-85mm 85mm 1/1000秒 f5.6 ISO-51200

いきなり、なんだこの写真は……ですよね(-_-;)
これ、K-3で最高のISO設定です。
まぁ、本当に緊急でもない限り、使うことの無い設定ですよね。
で、これがLightroomを使って、どこまでノイズを軽減できるかですが、それは一番最後にw
ということで、まずは、僕が常用レベルの最高値として設定しているISO-6400の写真です。

IMGP4333
PENTAX K-3 + HD DA16-85mm 85mm 1/100秒 f5.6 ISO-6400

常用レベルと言っても、かなりノイズは乗っているわけで、さすがにこのままでは写真として使う気にならないですよね。
でも、この写真はかなりトリミングしてるので、等倍よりも一回りぐらい大きなサイズです。
それをLightroomでノイズ処理をすると、こうなります。

IMGP4333-2

これなら、ノイズも気にならないですよね。
ちなみに、ISO-6400ぐらいだと、トリミングする前のサイズでもブログに使うぐらいなら、ノイズ処理をしていない元の写真のままでもあまり気にすることもないです。 ← ホントかね?
それがこれ。

IMGP4333-3

ノイズ処理は全くしてませんが、どうでしょうか?
あっ、曲がってると言うのは無し。と言うか、無視してください(-“-)
ノイズは、殆ど気にならないでしょ?

次は、一気に引き上げてISO-25600です。

IMGP4339
PENTAX K-3 + HD DA16-85mm 85mm 1/500秒 f5.6 ISO-25600

さすがに、これは厳しいですよね。
まぁ、この値も殆ど使うことが無いですが、、、ん? もしかすると、K-3を買ってから、一度も使ったことがないかも。
で、ここまでくると、色まで被ってますね。
さて、これをノイズ軽減処理をすると、どこまでできるかと言うことですが、結果はコレ。

IMGP4339-2

如何なもんでしょ?
ノイズ軽減の補正量はMAXまで持って行ってますが、見れないということも無いですよね。
一部残っているというものの、被っていた色も消えているし。
ここまで出来ると、僕のブログ写真になら十分に使えるかも。(600pix × 399pix サイズ)
おっ、そうだとすると、シャッタースピード上げれるし、撮影の幅が広がるじゃん。
はい、その前にウデですね。わかってます(;一_一)

それでは、最後にISO-51200の写真を処理するとどうなるか。
ってことですが、こうなります。

IMGP4342

さすがに、被っている色も取り切れないし、非常にのっぺりとした印象が強いですね。
この感度のISOを使うことは無いと思いますが、Lightroomの処理を前提に考えるのであれば、全く使えないことも無い。
何処で使うんだよって質問は無しで。
・・・いや、やっぱり、使えないか(-_-;)

そうそう、今回の写真は、部屋の中で蛍光灯の光だけで撮ってます。 ← 相変わらず、夜にブログを書いてるものでw
ですから、夜景を撮る場合や、部屋の中でロウソクの灯りを使った場合では、ノイズの出方が違います。
今回の写真は、あくまでも、参考程度に見てくださいね。
それと、今回の写真は、RAWがベースでカメラ側の処理は一切なしです。

Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン(Photoshop+Lightroom) 12か月版 Windows/Mac対応 [ダウンロードコード]

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ