メンテナンス

埃にまみれたレンズを手に入れたので、ちょこっと時間を割いてメンテナンス。
写真の状態は、後のレンズを外す前の段階です。
でも、既に前玉は3枚に分解してます。
本当は、バラしている順番に写真を撮って載せようかと思ったのですが、他にも分解手順を書いてるブログは山ほど?あるので、僕はそこまで載せなくてもいいかと。 ← 面倒って噂もw
それと、銘板が固着してて外れなかったために、銘板外しだけで1時間ほど格闘することになり、その必死さの中で写真撮ることをすっかり忘れてたという(-“-)
思い出した時には、この状態。

あ、そうそう、このレンズはPENTAXのsuper-takumar 105mm f/2.8なんですが、これ、僕の好きな中望遠の部類に入るレンズです。
やっぱり、広角で撮るのは苦手で、どうしても50mm以上のレンズが中心になってしまいます。
APS-Cで35mmだとフルサイズの50mmと同じぐらいなんですが、それでも苦手。
好きなのは35mm換算で70mm以上ってところかな。
なので、K-3で使うには50mm以上の焦点距離ってこと。

ところで、メンテナンス後のレンズですが、ガラスもクリアになり、曇りもカビも退治完了。
クリアなレンズって、本当に気持ちいいです。
写りに関しては、正直、あまり変わらないw
気持ち、写真に透明感が増したかなという感じです。
でも、道具としては綺麗に整備されてる方が気持ちいいですよね。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ