レンズの傷

Super-Multi-Coated Takumar 50mm f/1.4
このレンズ、前玉の一部に傷が付いています。(埃っぽいのは見なかったことに^^;)
赤い枠で囲った部分ですが、擦り傷とかのレベルでは無く、何かが当たって欠けたと思える程の傷です。
ただ、この傷が付いているのは、表側じゃないんですよね。

このレンズも古いレンズなので新品で購入できるわけもなく、例によってヤフオクで落札したものです。
程度はそれなりで使用感があります。
とコメントが有ったので、それほど綺麗な物では無いだろうと予想はしてたのですが、まぁ大体予想通りの物が届きました。
最初は曇りや埃も多かったため、この傷には気付かなかったのですが、分解掃除する過程で発見しました。
過程というか、分解する前の初見で発見したと言った方が正しいかな。
レンズが届いた時点で一見して分かるぐらいカニ目レンチで作業した跡がついてましたし、分解されたことがあるのは直ぐにわかりましたが、まさかレンズの内側に傷が付いているとは……。

で、この傷ですが、撮影には殆ど、というか全く影響しません。
以前、バルサム剥がしの過程で失敗して、割れてしまったレンズで写した写真を載せたことがあります。
あの時は大きく3つ(以上?)に分離してしまうぐらい盛大に割れてしまいましたが、それでも写真への影響は軽微?でした。(色合いに影響はでてましたが)
バルサムその後(泣)
【注:この時のバルサム剥離はトースターですが、今は沸騰した熱湯を使ってます】
それに比べれば、今回の傷は無いに等しい。(実際は有りますよ。ガっとついとります(-“-))

割れたレンズで写した経験が無ければ、そのまま落胆して掃除もしないまま放置してたかもしれないです。
でも、あれで写ったのだし、前玉の傷はそれほど気にしなくてもいいと言われてるし、とりあえず分解掃除するかとやってみたところ、外装の汚れも綺麗に落ち、他のレンズも汚れを落としてやると綺麗で曇りもなく、1.4の実力を発揮してくれる良いレンズとなりましたv

ということで、前玉のスレ傷や少々の当たり傷ぐらいなら、通常の撮影には影響しません。
気分的に如何なものかということと、他の人から見られた時に、若干の引け目を感じるってことを除けばw
なので、少しぐらい傷が付いても、良いレンズだったら長く付き合ってやりましょうね。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ