レンズ選び 16-50mmと16-85mmに関して

R0010831

いや、僕が偉そうに言うことではないのですが、僕の感覚で見たレンズのことを少しだけ。
これまで、様々なメーカーのレンズを使ってきましたけど、最近のレンズ性能は、本当に良くなってると思います。
余程のことが無い限り、霞んだようなボケた写真になることも無いし、ある程度のシャープさは保ってくれます。
まぁ、元々ピントがズレているとダメですが、それは別の問題ですから。

ただ、コントラストに関しては、レンズによる差が出ると思っています。
これは、単純に、レンズの値段が高いか安いかということではなくて、そのレンズが持つ特性と言っていいかもしれません。
それと、コーティングの差で、フレアやゴーストが出やすいとか。
こっちは、コーティングの処理方法や質によるところもあるので、これは値段の差にも関係してくるのかな。
そして、明るさ。
単焦点レンズであればDA50㎜のように、安くてもf1.8の明るいレンズがあったりしますが、ズームになってくると値段の差が大きくなります。
大体、ズームであれば、一般的にf3.5-5.6辺りの可変が多いような気もするのですが、もし、f2.8通しであれば、明るい代わりに値段も高くなります。
ん~一概には言えませんけどね。

さて、PENTAXで近いタイプのズームレンズを比較するのであれば、HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WRとsmc PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF] SDMになると思うのですが、16-85㎜はf値が3.5~5.6となっており、広角端の時が一番明るくて3.5で、そこから徐々に絞られていき、望遠端での開放値が5.6となっています。
それに対し、16-50㎜の方は広角端も望遠端もf2.8の通しとなっており、焦点距離によって開放f値が変化することはありません。
これはファインダーを覗いて比較すればよくわかりますが、当然、f2.8の方が明るくてクリアに見ることが出来ます。
これ、僕が買う時に、どちらを選ぶか悩んだ要因のひとつです。
僕の場合は、明るさよりも焦点距離の85㎜を選んだわけですが、16-50㎜の方は、いわゆるスターレンズなので写りも値段も上になります。
と言いたいところですが、値段は上でも、写りに関しては何とも・・・。
等倍サイズにして比較すると、繊細な描写とかカッチリしている部分で違いが分かるのかもしれませんが、少なくてもPCで見るサイズであれば、大きな違いを感じることは無いと思います。
と言っても、あくまれも僕の感覚ですよ(-“-)

他にも似たレンズはありますが、標準ズームレンズの広角16㎜始まりは、この2本だけ。(純正では)
デジタル写真って、必要な場合にはトリミングすることで簡単に望遠側に振ることができますが、いくら頑張って引っ張ろうと広角側に伸ばすことは不可能です。 ← あたりまえ^^;
それを考えると、この16㎜というのは非常に意味がある……と僕は思いますw
そして、この2本で考えるのであれば、コストと使い勝手(望遠側の50㎜と85㎜の差をどう考えるかとか、防塵・防滴か簡易防滴か等)だと思っています。
とは言え、よほどハードな環境で使うのでなければ、簡易防滴があれば問題ないでしょ。
でも、なに言ってんだ、開放の2.8を無視することは出来ないぞ!
という人は、もう★の16-50mmしか選択の余地がありません。
僕の場合、これまで散々言ってますが、基本f5.6で撮るので、あまり開放の明るさにこだわりは無いですよね。
それを求めるなら、明るい単焦点レンズを選ぶ可能性の方が高いし。
まぁ、2本のレンズを手元に置いて交互に比べたら、ファインダーを覗いた時の明るさとクリアな視界に、負けてしまうかもしれませんが。 ← 一度、負けそうになりました(-_-;)
でも、現実として、そんなことはしないしね。
それに、そんな比較ができるのであれば、既に2本とも持ってるって話だし。

僕の場合、写真を撮りに行くのに、目的がハッキリしないで何があるかわからんぞって時は、K-3と16-85㎜を持って行くことが多いです。
基本、これだけだと軽いし、大概の場合は16-85の範囲で事足りてしまいますから。
もし、撮る物が決まっていたら、それに合わせて2、3本のレンズをチョイスするか、単焦点で50㎜1本だけとか。
まぁ、2、3本と言っても、全部で6本しか持ってないけどねw

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ