久しぶりのHD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR

雨が降るぞ~なんて天気予報で言ってるから、雨対策として久しぶりにHD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WRを持ち出してみました。
が、雨の合間の晴れ?
全く雨なんて降らずに綺麗な晴天でした^^;
それならFA 50mm 1.4を使いたかった。。。
まぁ、それは今更だし、持ってきてないものは文句を言っても始まらない。

でも、改めてD FA 28-105mm を使ってみると、やっぱり良いレンズだと感じました。
良いレンズというか、使っていて気持ちがいいですね。
とにかくフォーカス時の音が小さいし、スッと決まる。
時々、何処狙ってんの?ってぐらいピンボケもかましますが、大体において一発で決まります。
スッと動いてピタッと決まる。そんな感じ。
ただ、ズームを使いまくるので自分で動くことが無い(-_-;)
これはこれで便利なんですが、単焦点に慣れているとズルしてるような気分になってしまうw

それと、開放で3.5、少しズームすると直ぐに5.6になってしまうので、ファインダーから覗いてる絵が暗いです。
せめて2.8だったら明るく感じるし、1.4であればスッキリクリア!なんですけどね。
やっぱり、普段1.4や2.8の単焦点を使っていると違和感というか不満を感じます。
まぁ、不満といってもそれぐらいですかね。
デジタルに合わせた設計だし、フリンジに悩まされることも少ないし、楽に綺麗な写真が撮れますよ。
ということで、改めて見直したHD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WRでした。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ