人物のいる風景

本当は、もう少し人物が流れているはずだったのですが……そうそう上手くはいかないw
真昼間にシャッタースピードを落とすと言っても限界があるわけで、フィルターの持ち合わせが無ければ無理なものは無理。
しかも、ワンチャンスなわけで、もう一度歩いてくれますかとは頼めない。 ← あたりまえです^^;
まぁ、思うようにいかないから、次に頑張ろうと思うわけで……普通の人はね。
僕はあっさりと諦めて忘れてしまいます。
そして、再び同じような場面に遭遇して後悔するわけです(-“-)
学習能力の欠如ともいう。

今に始まったことじゃないけどさ。

さて、この写真もTakumarを使っているわけですが、言わなければわからないですね。
元々のレンズが良かったというよりは、現代のデジタル技術の進歩が上手にレンズの性能を引き出してくれる。
そういうことなんでしょうね。
マニュアルでのピント合わせというひと手間がかかるので即時性には欠けますが、それさえ考えなければ十分じゃないですか?
値段なんて、今買うと最新レンズの1/10以下ですよ。
いや、もっと安いか。
ゆったりとした時間の中で、余裕のある写真を撮る。
これ良くないですか?

というわけで、MFクラブを作りましょう♪
たぶん、誰も参加しないと思うけどw

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ