今更ながらのK-1とSMC PENTAX-FA 1:1.4 50mm

今まで存在は知っていたものの、持っていなかったんですよね。
フルサイズ一眼を持ちながら、その標準レンズを持ってないとはどういうことですか?なんて声が頭の中で聞こえたもので、慌てて買ってみたって1本ですw
届いたばかりで、まだ外には持ち出していません。
でも、小さいし軽いし扱いやすくて良いレンズじゃないの。
削りだしの77mm Limitedの方が重いです。 ← 材質違うしあたりまえ。
で、正面からレンズを見るとこんな感じ。

枠の太さが全然違うので比較するのもおかしいのですが、なんとなくレンズの収まり具合が77mm Limitedのような雰囲気です。
まぁ、人それぞれ感じ方は違うので、ウソつけと思ってもサラッと流してください(;一_一)
それと、ピントの微調整をカメラ側でしてます。
元々、僕のK-1が若干とぼけているので参考にはならないかと思いますが、微調整の幅は-1です。
感覚的には-1.5ぐらいじゃないかと思うのですが、そんな設定無いしね。
あと、開放で撮ると色収差(フリンジ)が結構顔を出します。
Lightroomで消せるから僕はあまり気にしてないのですが、手を加えていない状態がこれ。

わかります?
レンズのマウント部分とか、X-E2の白文字の部分とか。
まぁ、現像時にひと手間かけるのが面倒なら、開放で撮るのは諦めて絞り込むか、このレンズには手を出さいない^^;
ということで、実際に外で使うとどうなるかは別の機会として、今回は届いたばかりの室内で試し撮りをしてみました。

撮影距離は、最短の45㎝近辺。
上から、開放の1.4 5.6 8となっています。

周囲のボケ方を参考にして頂ければと。

まぁ、結論から言うと“買って正解!”ってことです。
同じ開放1.4で50mmの単焦点レンズは、マニュアルフォーカスのPENTAX-MやTakumrを持っていますが、それらとはちょっと違う。
AFという時点で全然違うわけですがw

一番気になっていたデザインも思ったほど悪くは無く、そうなると次はSMC PENTAX-FA 1:2.8 135mmが欲しくなる。
わりと100mm前後の中望遠を使う僕としては、135mmって意外と使いやすいんですよ。
AFを条件として物色すると、K-1で使えるレンズの種類が少ない。
それ以前に、資金的に選べる範囲が狭いですがね(-_-;)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ