価値観

古くてボロボロのレンズ。
絞りも粘って動かないし、ヘリコイドだって力任せに回さないと動かない。
普通に考えれば、使える状態ではなかったってこと。
救いは、レンズが比較的綺麗だったってことかな。
ん~、比較的ね(-_-;)

でも、それをなんとかするのが楽しいわけでw
全て分解して古いグリスを洗い流し、鏡筒の汚れも落としてやる。
このレンズは、マウント部分にも歪みが有ったので、それも修正。
まぁ、塗装のハゲはオールドレンズなので、レンズの味としてそのまま。
それらを組み上げれば、使えるレンズとして復活するわけです。

そんなことするぐらいなら、新しいレンズを買った方が手間もかからないし安心だよ。と多くの人は考えますよね。
基本的には、僕もそう思います。
でも、好きなレンズは自分でメンテした方が愛着も湧くでしょ。
素人が手を加えたレンズを良しとするかどうか、それはその人の価値観だと思いますが、自分で使うために手を加えるのはアリかなと。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ