個性と表現方法

写真を見ると、その人の感性を垣間見ることが出来ます。。。たぶん^^;
同じものを撮るにも、切り出し方で見え方も変わってくる。
見え方が変わると、見ている人の感じ方も変わってくると思うんです。

例えば観覧車。
空を背景に全体を見上げるようにして写すと、雄大さが表現できると考える人もいるでしょう。
でも、僕のように一部だけを切り取って、機械としての美しさや力強さを表現しようと考える人もいるはず。
目論見通りになっているかは別として、ですけど(;一_一)

最近分かったのは、僕の場合、一部分を切り出す感覚で撮っていることが多いってことです。
だから、全体をすっぽりと入れ込むような構図が少ないんですね。

それは人物写真にも表れてて……
ある時、知り合いの写真を撮ったのですが、僕が撮ると上半身とか体の一部とか逆光の中のシルエットとか、とにかく普通に全身を撮っている写真が無かったんです。
で、言われたのが
「頭の先から足元の靴までを含めたコーディネートだから、一部だけの写真はイヤ」。
その時に思ったんです。
僕の目は、気になる部分に集中して、全体を見ようとはしていないのかなって。
自分では、それも個性だと思っているわけですがw

そっか、だから広角よりも望遠寄りのレンズが好きなんだ(-_-;)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ