増殖するレンズ

最近思うのですが、写真を撮るのも好きだし、カメラを触ってるのも好き。
古いレンズを集めるのも好きだし、それを分解修理するのも好き。
これって、それぞれ趣味としての目的が違いますよね?

その中でも一番熱中しているのが分解修理。
埃だらけで鏡胴の汚れたレンズを、使いやすい綺麗なレンズに整備する。
この時の出来上がりに、何とも言えない満足感があるんです。
満足感と言うか達成感かな。
でも、それだけレンズを集めてたら、お金がいくらあっても足りない。
なんて思うでしょ?
それがですね、ここ2日ぐらい登場していたSMC pentax-M 80mm-200mmのお値段は……なんと90円!
その前にオーバーホールしたsuper-multi-coated TAKUMAR 150mm 1:4なんて11円ですよw
確かに、買った時は酷い状態でしたけど、全部ばらしてパーツごとに台所用の中性洗剤で洗浄すると、全く汚れの無いピカピカの状態になりました。
若干、経年劣化で塗装面に剥がれのある個所もあるけど、それは何十年も使っていれば当然のこと。
鏡胴だけではなく、もちろんレンズも磨き上げるので曇りもカビも無し。
さすがにカビ跡だけは消せないので、後から光を当ててよく見ると分かりますけどね。
でも、見た目分からないし写りにも影響なし。
とっても満足なんですが、その分レンズが増えていく(-_-;)

えっと、その11円のレンズがこちら。

なんか、オークションの写真みたいになっちゃったw

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ