寄れるということ

寄れないよりも、寄れるレンズの方が使いやすい。
まぁ、風景を撮ったり記念撮影をする時は関係ないかもしれないけど、目の前にある物を撮ろうと思ったら寄れないとツラいです。
と言っても、マクロまでは要らない。
その物が持つ質感や、見た時の想いが伝わればそれで十分。
学術写真でもないし、何かを説明するための写真でもない。
う~ん、なんと言うか、その写真を見た瞬間、ハッとするような“なにか”が写っていればいいなってこと。
それが出来れば、なにも苦労する必要はないんだけどね。
写真って、奥が深いです。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ