心の中の葛藤

これぐらい写れば及第点だと思うのですが、いかがでしょう?
smc PENTAX-FA 135mm 1:2.8ですが、写真だけ見れば“難有品”で売りに出されてたレンズとは思えないですよね。

実は、中玉に目視できるカビがあるんです。
購入する時から分かっていたけど、いつもの調子で分解メンテすれば大丈夫とか考えたんですよ。
で、手元に届いて確認すると、たしかにカビが居座っておられるw
問題はそこからです。

以前の記事にも書きましたが、このレンズ簡単には分解できない。
そもそも、後玉の構造が違うので、他のレンズのように後ろからのアプローチができないわけです。
レンズ一枚隔てて、すぐそこに見えてるのに。。。
かなりの部分までは分解したのですが、どうしても最後の勇気が出なくて全解できないでいます。
心の中では、やっちゃえば と囁く悪魔が居るのですが、かろうじて このままでも大丈夫 と囁く天使が勝っている状態。
この状態がいつまで持つのか自分でも自信ありませんが、写りだけ見れば分解しなくてもいいんじゃないの?と思うわけで。

あ~、でも思い切って分解してみたい。
というか、スッキリクリアなレンズに戻してあげたい。
良く写るレンズだけに尚更です。

ん~、我慢我慢(-“-)

そして、問題のカビはこいつです。
※強い光を当てて、かなり強調してます。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ