測光ってなんだろ?

V2_IMGP0051

まぁ、読んで字の如く、光を測るということですね。
で、その光とは何かというと、写真を撮る時の明るさのことです。
ここで測った明るさに応じて、シャッタースピードや絞り、ISOの値を決めることになります。
なので、以前に書いた「基準となる露出(採光の量)」を決定するためにも、正確な測光が必要となってくるわけです。
今のカメラは、自分のイメージに合った絞りをセットすると、測光で得た値を元に、カメラが基準となる露出を計算し、適切なシャッタースピードを決定してくれる。
または、自分がイメージしたシャッタースピードをセットすると、測光で得た値を元に、カメラが基準となる露出を計算し、適切な絞りを決定してくれる。
露出のところでも書いてると思いますが、そう言うことです。

当然、いずれの場合もISO感度が絡んでくるので、本当であれば測光で測った明るさを基準にして、適正露出となるように、シャッタースピード、絞り、ISOの3つの項目を組み合わせることになります。
いわゆる、三つ巴の戦い……なのか?
でも、これを撮影する度に個別設定するのは至難の業。
だから、シャッタースピードか、絞りのいずれかを好みの設定にして、後はカメラに任せちゃったらどうかな。と考えだされたのが、Tモード(シャッタースピード優先)とAモード(絞り優先)なんですが、えーい面倒だ!全部カメラに任せちゃえ。となったのがPモード(プログラムモード)と呼ばれるものです。

昔のフィルムカメラでは、セットしたフィルムによりISO感度が決まっていましたから、決める必要があったのは、シャッタースピードと絞りの値です。
これを間違うと、白飛びしたり極端に暗い写真となってしまいます。
それが、今のデジタルカメラでは、ISO感度も自由に設定できるようになってます。
便利な反面、設定で組み合わせる項目が増えたってことですね。
ん~面倒くさい(-_-;)

いやいや、最新テクノロジーの塊である現在のデジタルカメラだと、あなたは何も考える必要はありません。
Pモードを選んでシャッターを押すだけ。 はい、終わり。

でも、それだと折角の楽しみをカメラに奪われたことになる。 ← そうなのか?
撮るからには、自分で意図したイメージを表現したい!
そう考える方は、AモードかTモードを選びましょう。※この違いは、また後日。
そうそう、PENTAXにはTAvモードがありました。
ペンタやるねぇw

前置きが長くなってしまいましたが、測光の話。
この測光にもモードがありまして、大まかに言うと、多分割測光・中央重点測光・スポット測光の3つです。
※メーカーによって、名称の違いはあるかもしれません。と言うか、あります。
各写真の真ん中が測光の表示ですが、左から「多分割測光」「中央重点測光」左下「スポット測光」となっています。

R0010418R0010417R0010416R0010413

多分割測光とは、ファインダーでのぞいた範囲全体を対象として明るさを計測します。
ですから、ファインダーの範囲の中に暗い部分が多く含まれていたら、明るめに、明るい部分が多く含まれていたら、暗めに引っ張られる傾向があります。
これ、以前にお話した「月のウサギさん」を思い出してください。
例えば、真っ白な壁の前に、ポツンと一人だけ立っている場合、白い壁の明るさが基準となってしまうため、立っている人物は暗く写ってしまいます。

中央重点測光の場合は、ファインダーの中心から上下1/2ぐらいの円を描くようなイメージで明るさを測ります。
ですから、真ん中に有るものに対しては測定しますが、背景や周囲に有るものについては測定外となってしまいます。
つまり、被写体と背景に大きな明暗差がある場合には、背景が真っ白に飛ぶ、あるいは、黒くつぶれてしまう場合があるということです。
それを考えると、同じような傾向にあっても、先の多分割測光の方が全体のバランスを見るので、適正露出を得やすいと言えるかもしれません。

最後のスポット測光ですが、これは、ピンポイントで一点だけを測定します。

言葉で言っても伝わりにくいので、暗い状態で撮影した時の違いを載せておきます。
左から「多分割測光」「中央重点測光」左下が「スポット測光」となっています。

IMGP3376IMGP3377IMGP3378

真ん中に置いてあるスマホを基準にしてますが、一番バランスの取れているのが多分割測光です。
スマホは明るいですが、周辺に行くにしたがって暗くなり、四隅は殆ど真っ暗の状態です。
その全体のバランスを取った測光となっているので、この3枚の中ではバランスが取れているように見えます。
中央重点測光が明るく取れているように見えますが、スマホの部分が明るすぎて、液晶の画面が一部飛んでます。
これは、たぶんスマホの周囲も測光対象となっているので、クリーム色のソファーに引っ張られたんだと思います。
スポット測光の場合は、スマホの画面の色も一番綺麗に出てるのですが、周囲が真っ暗になってしまいます。
これは、単純にスマホの画面だけを測光対象として、その対象物が一番適切な露出になるよう設定された結果です。
分かり易くするために極端な写真を撮ってますが、傾向としては分かって頂けたでしょうか。

要は、被写体をどのように撮りたいか、表現したいかということですね。
この写真の場合、一番その時の状況に近い写真は多分割測光で写した写真ですが、これが小さなスマホの画面ではなく、11インチのパソコン画面だと、多分割測光も中央重点測光もあまり違いはでません。

いずれにしても、適切な測光ができてないと、シャッタースピードや絞りも適切な設定にできないということです。
まぁ、色々と試してみて、その時の状況に合った測光方式を選んでください。
なんてこと言ってますが、多分割測光を基本として、逆光時にスポットを使ってみるとか、夜景で街灯や窓明かりの状態で測光方式を使い分けてみるとか、トライアンドエラーでやってみるのがいいかと。

あまり参考になる写真を載せられなくてごめんなさい。
なんせ、ちまちまと夜にやっ……ごにょごにょ(-_-;)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ