絞るか、絞らないか。

昨日の記事で書いてたSuper-Multi-Coated Takumar 50mm f/1.4で撮った一枚です。
あ、構図とかピントとか、細かなことは気にしない方向でお願いします^^;
F値は5.6。
まぁ、いつもの設定ということですが、これだと締まった感じがして、前景も背景もそれほど汚いとは感じない。
ごちゃごちゃと写ってるのは別の話ですよw
それが、F1.4 要するに開放で撮るとこうなります。

構図とか全然違いますけど、こんな感じ。
ピントも若干甘いところがあるのですが、それはピントの面が薄いから手持ちではこれが限界(僕の)ですw
柔らかな感じはあるのですが、背景とかの線があまり綺麗じゃない。
それと、この日は曇り空だったのですが、公園全体の写真を開放の1.4で撮ると、X-E2の最高速度1/4000秒でも不足気味でした。
明るいレンズはピントも合わせやすいしボケるし、開放測光で使うにも便利なんですが、晴天の開放的な場所で使うにはカメラを選ぶことになります。
K-3だったら1/8000秒まであるので大丈夫なんですけどねぇ。

それにしても、この50mm 1:1.4は古いレンズなのに良く写ります。
少し絞ってやるだけで色収差も殆どでなくてシャープな写りだし、開放にすれば柔らかな写りをしてくれる。
ちゃんと写す対象を選んで構図も考えて撮れば、十分に満足のいく写真が撮れます。
僕は感覚だけで、なにも考えずに撮ってるのでダメですよ(;一_一)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ