開放的過ぎるとダメ?

imgp5829
pentax K-3 + smc Pentax-DA 50mm f1.8 1/125秒 f/1.8 ISO-100

50mmの撒き餌レンズで1.8の開放にして撮ってみました。
朝、起きがけの雰囲気を出したかったのですが……いや、それは別にいいです^^;
ただ、さすがにf/1.8だとピントが薄いので、ほんの少し身体がぶれただけで寝ぼけた写真になってしまいます。
起きがけで寝ぼけてるんじゃないですよ(-_-;)

それを、いつものf/5.6に絞ってやると、こんな感じ。

imgp5830

腕の良し悪しや構図は抜きにして、見た瞬間の安定感がありますよね。
まぁ、個人的な感覚の違いもあるので、そうと決めつけるわけにもいかないですが。。。
でも、ひとつの“物”を強調して見せたいのでなければ、少し絞った方が相手にも伝わります。
写真全体の雰囲気と言うか、空気感みたいな物であれば余計にそうかな。
この写真で言えば、別にカップを見てほしかったわけじゃなく(汚れてるしw)できれば、朝ベッドから起きだし、新聞をテーブルに置いてコーヒーを飲み始めた。その時の雰囲気を伝えたかったわけです。
そう考えると、f/1.8よりもf/5.6の方が、全体感も伝わると思いませんか?

もちろん、f/1.8の明るさには助けられることも多いし、それじゃないと撮れない写真も多いわけです。
なので、一概に絞って使いましょうと言ってるわけではないです。
なにを見てほしいか、伝えたいかによって、絞る絞らないを決める必要がありますよね、ってことです。

ただし、開放のf/1.8で撮ると色収差も大きくなり、場合によっては現像ソフトでの修正が必要となります。
ちなみに、今日の写真もf/1.8の方は修正をかけてます。
f/5.6の方は、現像ソフトでの修正は殆どしてません。
やっぱり、良いレンズですよ。 安いしねw

楽天市場《新品》 PENTAX DA35mm F2.4 AL + DA 50mm F1.8 セット 〔マップカメラオリジナルセット〕

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ