魔のPENTAX-A

先日の50㎜比較に入っていなかったレンズ。
PENTAX-A 50mm 1:1.7です。
なぜ入っていなかったかというと、いつもの如くオークションで落札してオーバーホールしてたのですが、これがまたどうして(-_-;)
Mシリーズまでとは違い、Aからはマニュアル露出ではなくAVが使えるんですよ。
つまりは、その為の接点が追加されているってこと。
不用意に分解なんてすると、元に戻せなくなりますw

で、不用意に分解してしまいました(-“-)
色々と理由はあったんですが、マウントを外した瞬間、部品が飛び出るw
バネが付いてる小さな部品で、何処に付いてたものかさえ分からない。
結局、組み直すのに半日かかってしまいました。
あの50㎜比較は、その合間の気分転換です。

(途中で小さなバネが行方不明になったり、相当精神的にきてましたからw)

最終的にはオーバーホールも終わり、機能的にも問題なく部品も元の場所に組み付けることができました。
これでAレンズの構造は覚えたぞ。
でも、分解するならMシリーズまでにしておくことをお勧めします。

«    »

2 Responses to “魔のPENTAX-A”

  1. maelstrom より:

    はじめまして、Aレンズで検索していてこの記事に辿り着きました。突然のコメント失礼いたします。
    Aレンズの分解清掃、私もカビ曇りアリの50mmf1.4で挑戦して見事フルマニュアルレンズ化させてしまった事があります。レンズだけならマウント側面の三本の子ネジを外せばゴムで後玉ユニットごと外せた筈なのですが、どういう訳かマウントのプレートをまず外してしまいました(^^;)
    組み直してカメラに付けてみたら”F – -“となっているのを見てやらかしたと気づいた時には後の祭り、接点を支えているL字の板金と接点そのものを戻し忘れていたのは回収出来たものの、そのまま組み直すと今度は接点がマウントの穴に埋もれたままでやはり通電せず…恐らく接点の頭を飛び出させて通電させる為のバネか何かを失くしてしまったのでしょうね。
    曇りの原因はバルサム切れだった為除去不可能なのはいいんですが、自分の手で不完全品にしてしまったのが悔いが残ります。やはり出来ればAレンズは分解しない方がいいですよね…

    • ひろ より:

      こんばんは、コメントありがとうございます。
      Mシリーズと同じ感覚で分解してたら、最初のうちは後悔することになりますw
      なぜって、僕も小さなバネを飛ばしてしまいましたから。
      これ、下に絨毯でも敷いていようものなら、一度見失うと見つけ出すのは至難の業です。
      この時は、何とか見つけ出すことができたので、無事復活することができましたが、バネをセットして組み立てるのが難しい(-“-)
      何度もくじけそうになりました。
      まぁ、気楽に分解メンテをするのはMシリーズまでですかね。
      部分的に分解するならAシリーズでも簡単にできますが、やりだすとのめり込んでいくw
      これが一番危険なのかもね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ