魔法のボタン

少し古い写真ですが、使っているレンズはPentax-M 50mm 1:1.4です。

四隅までキッチリと写っているかというと、そうでもないですね。
でも、ダメかと聞かれたら、十分に使えますよと答える。

実際、僕の感覚では十分じゃないかと思います。
絞りもピントも自分で操作しないと撮れないですが、
幸いなことに、PENTAXのカメラには魔法のグリーンボタンがある(笑)
出来上がりをイメージして絞り値を決め、グリーンボタンをポチっと押せば、
カメラが適切なシャッタースピードを決めてくれる。

カメラを操作して、自分の意志で撮っていると感じさせてくれます。
それって、とっても楽しいですよ。
古いカメラを触っているような気分にさせてくれます。
じっくりと写真を撮るには、こういった手間をかけるのもよろしいかと。

昔のカメラじゃなくて、今のデジタルだとその場で確認して撮り直しもできるし。
フィルムカメラの撮影感覚で、気に入るまで何度でも撮れる。
これ、素敵なことだと思いませんか?

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ