魚眼とLightroomの相性

上の写真と下の写真。
違いが判りますか?

K-1に魚眼の10-17mmを付けて10mmで撮影しました。
そうすると、四隅が大きく欠けることになるので、写真として使える範囲ギリギリでクロップするわけです。
で、Lightroomの設定をいじらずに出力したのが上の写真です。
じゃぁ下の写真はなんだということですが、下の写真はLightroomに組み込まれているレンズプロファイルを適用したものとなります。
効果は見てお分かりの通り、歪みを修正しようとLightroomが頑張っちゃったということですね。
頑張らなくていいのに(-_-;)

Lightroomは良くできた使い易いツールだと思うのですが、時々、それ違うんじゃないの?といった処理をしてくれます。
まぁなんでも完璧なものはないので、仕方がない部分もあるのだとは思いますけどね。
ちなみに、右下の隅に写り込んでるのが僕です。
撮ってる時は、写り込んでると思ってなかった(;一_一)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ