魚眼レンズで撮ると

IMGP3537
pentax K-3 + 10-17mm fish-eye 10mm 1/15秒 f5.6 ISO-200

この写真、fish-eyeで撮った新幹線の車内です。
新大阪始発だったので、まだ誰も乗客が居ません。
この時間が好きなんですよ、新幹線の一番乗りw
小学生みたいだって? いいじゃん(-“-)

ところで、分かる人なら直ぐに魚眼だと気付くと思うのですが、あまり詳しくない人だと気が付かないかもしれないですね。
まぁ、構図の問題ではあるのですが、この位置から上下左右のいずれかに動かせば、直線で写っている場所も歪んできます。
そうすると、一気に違和感が出てくるんですよね。
えっと、その写真は撮ってません(-_-;)
元々、fish-eyeの説明で使うつもりが無かったから。
これ、後から前に向かって撮ってますけど、反対に、前から後ろに向けて撮ったら、きっと座っている人の顔が見えるはずです。
いや、きっとじゃなくて、絶対ですね。

だとすると、団体旅行や修学旅行の集合写真にピッタリ!
カチッとした写真にはならないけど、雰囲気を残した思い出の写真としては、これ以上ないぐらい最高の物になると思うのですが、ただ、ひとつ問題が……
あまりに広角過ぎて、後の方に座った人が判別できないw
もしかすると、顔が黒い点でしかないかも(;一_一)

ま、あくまでも雰囲気を撮るのが目的ですから。

  • レンズの詳細については >レンズについて をご覧ください。
  • «    »

    2 Responses to “魚眼レンズで撮ると”

    1. yukko より:

      マイブログにコメント、有難う御座いました。
      そのコメントのお返事を こちらへ、好きなものだから、その名前が 覚えられるんですよ^^。
      だから、そんな風に撮ると綺麗にとれるのかも、それなりに分かってきました。
      マイ一眼レフカメラ、よく理解できていないし、使いこなせていませんが、
      気に入ったものが撮れているからいいか、、、って感じです。
      カメラ教室に何度も体験していますが、いまだに、理解不能です^^。

      • ひろ より:

        yukkoさん、ども、ひろです。
        そうですよね。
        好きだから覚えられる。
        好きなものなら、どんどんと上達していくし。
        理屈がわからなくても、写真が好きなら素敵な写真が撮れる。
        それと同じことですね。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ