300mmの誘惑

枝の間から覗くようにして撮った一枚。
使ったレンズはsmc PENTAX-M 1:3.5 150mmです。
150mmってどうなの、と思いながら持ち出してみたけど、写りは悪くない。
でも、何処で使うかと考えると、このレンズじゃなきゃダメというシチュエーションが浮かばないんですよね。
そして、もっと出番の少ないのが200mmかな。
olympusやK-3を使ってた時には、300mmの利用比率が高かったのに、K-1に変えてからは長くて135mmです。
フォーサーズだと300mm = 600mmだし、APS-Cなら300mm = 450mmぐらいだから、フルサイズの300mmよりも長くなるわけで、それを好んで使っていたのが何処でどう変わってしまったのか(-_-;)
そもそも、フルサイズの300mmってレンズ自体が高いんですよね。

などと考えていたら、TAMURONで安いのがあるじゃん。
70-300mmのズームかぁ。
PENTAXの28-105mmと組み合わせると、2本で必要画角をカバーできる……。
旅行には便利かも。

300mmねぇ。
TAMURON使ってみる?

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ