35-70mm比較

今日は、PENTAX-Aの35-70mm 1:4とRMC Tokinaの35-70mm 1:3.5の比較です。
比較と言っても、細かな仕様や使い勝手ということではなく、見た目で分かる色を比較してみようと言うことです。
レンズその物の比較は後日に……たぶん(;一_一)

35mmでの比較

まずは、RMC Tokina 35-70mm 1:3.5

そして、smc PENTAX-A ZOOM 1:4 35-70mm

空や芝生の色を見ると分かりますが、Tokinaの方が青色にシフトしてます。
自然の色に近いのはPENTAX-Aの方ですね。
今回は、RAWで撮ってLightroomで現像してるのですが、現像設定は共に同じ値に揃えてます。
ちなみに、絞り値はf/5.6。

もしかすると、街撮りの条件によってはクールなイメージでTokinaの方が合う場合があるかと。
好みの問題ですけどね。

次に70mmですが、TAMRONの70-300mmが画角も同じだと言うことで、3枚比較となります。
えっ、TAMRONは購入するか悩んでたんじゃないのかって?
まぁ、そこはほら、なんと言うかMAP CAMERAが呼んでたと言うか(-“-)
だって、6000円台の値段で出てたしw

さて、まずはRMC Tokina 35-70mm 1:3.5

やっぱり、青っぽいですね。

次にsmc PENTAX-A ZOOM 1:4 35-70mm

こちらは自然の色に近いです。

最後はTAMRON AF 70-300mm 1:4.5-5.6 LD Di(長ったらしいのでタイプA17)

これも同じ現像設定なんですが、PENTAXに近くて若干、緑が濃い。

ただ、Tokinaの幻像段階でホワイトバランスをカスタム設定で色を拾ってやると、ほぼPENTAXと同じ色合いになります。
まぁ、PENTAXがノーマルの色を出してるなら、当たり前なのかもしれないけど。

今回はこんな感じ。
参考になるとは思えないけど、自分の備忘録代わりとして。

それから、TAMRON意外と良いですよ。
値段を考えたら、フルサイズの300mmでお手軽に使うにはちょうどいいかも。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ