4本目の1.4

pentax-M 50mm / PENTAX-FA 50mmに続いて、PENTAX-A 50mm 1:1.4です。
順番がおかしいですか?
本来の順番だと、M → A → FA ですよね。
ん、3本しかないじゃないかって?
少し年代が離れてSuper-Multi-Coated TAKUMAR 1:1.4/50があります。
でも、並べるには少し違うような気もしてるんですよ。
なので、本来の並びで行くと TAKUMAR → M → A → FA なんですよ。
これが、僕の持っているPENTAXの1.4シリーズです。
他に1.4だと MD ROKKOR 50mm 1:1.4ですね。
僕が持っている中で一番明るいレンズが、この1.4シリーズです。

で、3本のPENTAX 1.4ですが、開放で撮った時に差があるのかということで、実際に3本を持ち出して比較をしてみました。
してみたのですが、実際の比較写真は別の機会にするとして、結果から言うと、並べられても区別がつかないw
ピントの歩留まりでいうとFAが一番安定してます。
といっても他の2本はマニュアル・フォーカスなので、僕の指が悪いか、ピントを合わせている間に僕が微妙に前後に揺れてるかだと思います(-_-;)
開放になると、ピントが薄くて窒息死しそうです。
ピントを合わせる時、息を止めているものでw

いずれにしても、PENTAXの3本は、どれを選んでも間違いないと思います。
僕の感覚だけで言ってしまうと、一番気軽に撮れるのがFAで、一番写真を撮っている気にさせるのがAです。
グリーンボタンを押す手間が面倒でなければ、MとAはあまり変わらないです。

ただ、Mの場合はISOが手動で設定した値の固定値になります。
AとFAに関してはISO AUTOが使えます。
どちらが楽かはわかりますよね。
まぁ、Mを使う時は、ほとんどの場合100固定にしてますけど、その状態のまま夜に突入すると……あれ?ってなっちゃいます。
そして、3本のレンズとも5.6に絞ってやれば、カッチリとした素敵な絵を見せてくれます。
個人的には、周辺光量が落ち気味の開放が好みです。
まぁそれは置いといて、3本とも写りに関してあまり差が無いのであれば、問題は金額ってことですね。
当然ですが、中古市場で探すことになり、一番安いのがM。
多少汚れていても自分で整備するつもりがあれば、ヤフオク等で安く手に入ります。
なんせ1000円台からあります。
Aになると4000円ぐらいでしょうか。
そして、FAになると6000円ぐらいから。

でも、あくまでもカビやくもり、鏡胴の汚れを自分で落とす覚悟がいります。
たまに、それぐらいの値段でもアタリを引くこともあるので、運次第ですね。
そんな手間のかかることはしたくない!ということなら、もう少し値段を上げてカビの無い個体を探すか、カメラ専門店にでも探しに行きましょう。
一度使えば、その魅力に取りつかれると思います。


SMC PENTAX-FA 1:1.4 50mm 絞り開放

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ