77mm Limitedの透明感

写真を撮るうえでのモチベーションとして、ファインダーを覗いた時の気持ち良さがあります。
クリアなレンズを通して風景を見る。
切り取られた四角い世界の中で、透明な空気を感じる。
そういったものが、レンズによって感じ方が違ってくるんですよ。
僕はK-1とX-E2を使っているわけですが、どちらに付けても気持ちよく感じるのがPENTAX-FAの77mm Limited。
もちろん、77mm Limitedで撮って吐き出された写真も透明感があってすきなんですが、ファインダーから見た時の感覚の方がもっと好きです。
言葉では中々伝えきれないのがもどかしいけど、開放にした時の背景から浮きでる被写体の感覚とか、これ見てるだけでシャッター押さなくてもいいかとなっちゃいます。 ← シャッタは押しますけどね(-_-;)
古いレンズではあるけど、チャンスがあれば是非使ってみてください。
それと、PCの画面ではなく、プリントアウトするともっと素敵に見えます。
なので、77mm Limitedで撮った写真は、時々プリントして机の上に飾ってたりします。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ