Canonet QL17 開頭

まずは、簡単に外せる軍艦部分を取ってみました。
本当は、あまり外す意味は無いんだけど、とりあえず中を見てみようということで(笑)
やっぱり汚れてますね(-“-)

ということで、ファインダー関連をクリーニングしておきました。
でも、中に組まれているガラスの蒸着面は、必要以上に触らないことですね。
奇麗に磨くつもりが、本来の機能を失ってしまう可能性もありますから。
まぁ、程々にってことです。

あと、ピント面のズレも、この状態であれば直ぐに修正できます。
軍幹部を外さなくてもできるのですが、この方が調整するのも楽だし
ここまでの分解であれば、あまり気を使わなくてもできちゃいますから。

時間が無かったので、今回はここまでです。
次は、軍幹部の分解手順とレンズ部分にいきますか。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ