CARL ZEISS JENA DDR TESSAR 2.8/50

今回の主役はCARL ZEISS JENA DDR TESSAR 2.8/50です。
世間では“鷹の目TESSAR”とか呼ばれている、評価の高いレンズのようです。
ようですって、曖昧過ぎですかね^^;
それと、このレンズのマウントはM42なので、PENTAX TAKUMRとかと同じ。
クルクルと捻じ込むタイプのものです。

こんな感じ。
真後ろから見ると、爪も無く凄くシンプルです。

このレンズもヤフオクで落札したものですが、届いてみるとなんかヘン。
よくみると、絞りが動かない状態でした。
たぶん、絞りを制御するバネがダメになってるんだろうなと予測し、とりあえず分解整備をしてみます。
予測は当たりで、ばねを交換することにしたのですが、そんなに都合よく手持ちの中で同じバネがあるわけ無いし。
仕方が無いので、ギターの弦を使って自作です。これで元通り。
マニュアルで使うにはね(;一_一)

マニュアルでの絞り操作では問題無く動くようになり、快適に撮影もできるのですが、たぶんバネの反発が強すぎてAポジションにしても動かない。
でも、マニュアルでしか使わないし調整するのも面倒なので、そのまま使っています。
この辺りのことは、また別の機会に写真撮って載せますかね。

さて、このレンズ、最短撮影距離が35cmとなっています。
この35cmって、僕の使い方だとかなり便利。

レンズが前面にニョキっと迫り出して、横から見たらこんな感じになります。
距離計のところ0.35ってなってるでしょ。
近寄れるのは嬉しいけど、この姿はあまり好きじゃない。
薄くて小さいのが魅力なのにね。

ほら、薄くてこじんまりしてて良い感じでしょ?
まぁ、それはいいとして、レンズとして肝心の写りですが……相変わらず外に撮りに行くことができなくて、レンズを撮ったそのままの流れで室内での撮影となりました。
まずは、普通に開放のf2.8と絞った状態のf8です。

上がf2.8で下がf8なんですが、それでどうなんだと聞かれても、それぞれ普通に撮れてますねというぐらいですかね。
でも、ピントが合っている部分はしっかりとした線が出ていて、等倍で確認しても開放から満足のいく写りが期待できます。
それよりも、やはり最短撮影距離ですよ。

使っているカメラがX-E2なので35mm換算にすると75mmになります。
本当は、M42のマウントアダプターを使ってK-1で撮れば、TESSAR本来の画角で撮れたのですが……K-1出すのが面倒だったという(-“-)
ま、それは置いておいて、最短撮影距離での写真を。
これも、開放のf2.8と絞った状態のf8です。

如何です?
ここまで寄れたら十分じゃないですか?

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ