CARL ZEISS Pancolar

昨日に引き続いてZEISS Pancolarです。
今日の写真は、K-3のRAWで撮って全く手を加えずにLightroomからそのままJpegにしてます。
なので、色収差とか残ってたりしますが、ピントに関してはシャープネスも何も一切手を加えてません。
このサイズだと分かり難いですが、かなりシャープな線が出てるんですよ。
通常、DA16-85mmでも少しシャープネスを上げるのですが、その状態と同じ若しくはそれ以上の線が出てます。
やっぱり、レンズの差ってあるのですねぇ。
でも、これはf/4以上に絞れば、の話です。
開放のf/1.8なんかだと、僕のK-3では若干の前ピンだし、ピントが合ってる部分でもボケてる状態で、全体的に“う~ん”てな感じです。
f/4以上に絞らないとやる気を出さないのか、Pancolarの実力を発揮してくれませんw
これ、TESSARでも同様の傾向があります。
TESSARの場合は、開放でf/2.8ですけどね。
最初は、僕のK-3が悪いのかとも思ったのですがそうでもないみたい。
それぞれレンズの個性と言うか癖があるんでしょうね。

とは言うものの、少し絞ってこの感じなら、さすがZEISSと言ってもいいかな。

あ、ちなみに僕、自分の持ってる物に対しては、とっても良い物だと思い込む傾向がありますから。
自己暗示と言うやつですかねw
僕が買ったのは間違いない、損なんてしていない。
最高の買い物をして僕は満足してるんだってね(-“-)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ