CARL ZEISS TESSAR 50mm

最近、CARL ZEISS TESSAR 50mm f/2.5を使ってるんですが、このレンズの最短撮影距離が35cmぐらい。
感覚的にはもっと短いような気もするけど、僕が持ってるMACRO以外のレンズが寄れないからなんでしょうね。
今日の写真が、ほぼ最短距離で撮ってます。
ちょっと、マクロチックでしょ?
ちなみに、写ってるレンズは35mmの三兄弟です。 ← なんのこっちゃ^^;
一番奥のフォクトレンダーと手前のPentaxは、共にFX用のアダプターを付けた状態。
アダプターを付けると、コンパクトなPENTAXの35mmがやたらデカくなっちゃいます。

ミラーレスのX-E2を使いだしてから、FX用に複数のアダプターを揃えるようになったのですが、考え方によってはミラーレスって便利ですよね。
これまでのレンズを無駄にしなくてもいいし、カメラ本体がコンパクトで手軽に持ち出せるし。
これまで嫌っててごめんなさい。
とは言うものの、光学ファインダーになれた僕としては、どうしてもEVFに慣れることができない。
もう覗いた時の透明感が違うんですよ。
特に、暗部を見ている時なんてそう。
AFで合わせるのだったらあまり影響はないのかもしれないけど、ALLマニュアルで操作をすると、絞り込んだ状態でのピント合わせが難しい。
ほんと、OVFの良さを実感してます。

やっぱり、状況に応じての使い分けですね。
面倒くさいけど(-“-)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ