DA 50mm f1.8の印象

IMGP5170
pentax K-3 + smc Pentax-DA 50mm f1.8 1/50秒 f/5.6 ISO-200

この写真、DA 50mm f1.8で撮ったのですが、やっぱり50mm MACROと比べてコントラストが高めなんですよ。
でも、今日のような写真には、このレンズの方が合ってるのかなと思います。
ちなみに、ピントの位置は正面の木じゃなくて、手前の落ち葉(真ん中辺り)です。
こうして、久しぶりに縦の写真を撮ってみると、これはこれで中々良いもんだなってw
普段は、横幅600の固定にしてるし、クリックしても大きな写真が出てくるわけでもないので、こじんまりと収まっているような印象なんですが、写真のサイズが違うと迫力が違いますね。
やっぱり、大きな写真の方がいいや。

ところで、今日はDA 50mm f1.8をメインに使ってたんですが、一日使ってみて改めて感じたのが軽いってこと。
これ、やっぱり楽ですねぇ。
取り回しが良いというか、構えることなく気楽に撮れますから。
あっ、撮る時は構えてますよ(-_-;) ← なに言ってんだか。

ただ、一日使っていて思ったのは、クイックシフト・フォーカスって、使いだすと案外便利なんだってこと。
ちなみに、D FA50mm MACROには付いてますが、このDA 50mmには付いていません。
で、なにが便利かというと、僕は、わりと気軽に写真を撮っているわけですが、ファインダーを覗いてAFでピントを合わせても、微妙にずれてる時があるんですよ。
それとか、真ん中でピントを合わせたものの、ファインダーで見ていると右側のこっちに合わせた方が良いと思ったり。
その時、撮るのを止めて、設定画面でAFポイントを変更すればいいわけですが、クイックシフト・フォーカスであれば、覗いたまま思っている場所にマニュアルでピントを合わせることができます。
流れの中で、シャッターが切れるってことですね。
マニュアルを全く使わないのであれば、気にすることも無いし、必要のない機能なんですが、マクロとかでマニュアルに慣れてる人は便利に使える機能だと思うんですよ。
結局は、マニュアルを使うか使わないかは、その人のスタイルですけどね。

でも、その点を除けば、やっぱりDA50mm f/1.8は良いレンズです。
昨日の写真もDA50mmなんですが、緑の色が綺麗に出てるでしょ?
光と影の明暗の差とか。
やっぱり、値段以上のパフォーマンスを発揮してくれますね。
これだけ写れば、プラマウントなんて気にしなくていいんじゃないですか?
使い倒しても、今のところ問題ないですよ(^^)/

  • レンズの詳細については >レンズについて をご覧ください。
  • ※ こちらには、風景等を写した写真を数枚載せています。

    楽天市場《新品》 PENTAX DA35mm F2.4 AL + DA 50mm F1.8 セット 〔マップカメラオリジナルセット〕

    «    »

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ