DA50mmとDFA50mm MACROの比較

IMGP4963

さて、 smc Pentax-DA 50mm f1.8とsmc PENTAX-D FA MACRO 50mm f2.8の比較ですが、今回はカメラを三脚で固定して、同じ場所からレンズだけを交換して比較撮りしてます。
まぁ、単純に考えると、同じ50mmなので同じような写真が撮れる……はず(-_-;)
誰でもそう考えますよね。
でも、そうではなかった! ← 驚き過ぎです^^;
いや、DFA50mm MACROの方が、少しだけ画角が広いみたいです。
比べてみないと分からないぐらいの差ですけど。

それと、比較しやすいように、同じ絞りの物を横に並べてます。
左からDA50㎜、右がDFA50mm MACROです。(これ、スマホで見ると、縦に並ぶみたいですw)

まずは、f2.8です。
DA50mmは、開放1.8ですが、macroの開放が2.8なので、f2.8スタートにしました。
50_28mc_28

続いて、f5.6です。
50_56mc_56

そして、f8.0。
50_80mc_80

最後に、f11です。
50_110mc_110

絞りに対する変化はどちらも変わりませんが、画角はDFA50㎜ MACROの方が若干広いですね。
それと、コントラストはDA50㎜の方が高いです。
後方の草の緑とフェンスの網目を見てもらえればわかるかと。
それと、このサイズの写真では小さすぎてわかりませんが、DFA50㎜ MACROよりもDA50㎜の方が線が太く、クッキリと写っているような印象を受けます。
ですから、カッチリ・クッキリを望むのであればDA50㎜の方が向いているかもしれませんね。
ただ、総合的に見れば、DFA50㎜ MACROの方がバランス良くというか、ナチュラルな印象を受けました。
この色合いと全体の雰囲気、僕は大好きです。

次に、DA50㎜で一番近づける距離を基準として比べてみました。
いわゆる、ワーキングディスタンス。
これも、先程と同様に左からDA50㎜で、右がDFA50㎜ MACROです。スマホは縦並びねw

まずは、DFA50㎜ MACROの開放であるf2.8からです。
502_28mc2_28

次に、f5.6。
502_56mc2_56

最後は、f11。
502_110mc2_110

う~ん、困った。これは、f2.8のところでボケ具合に若干の差があるぐらいで、その他はあまり違いが分かりません(-“-)
まぁ、そんなに差があっても、それはそれで悩むわけですが。
そして、比較はできないのですが、DA50㎜の方は、開放がf1.8となりDFA50㎜ MACROよりも明るいわけです。
なので、DA50㎜の開放f1.8の画像を載せておきます。
これは、両方ともDA50㎜です。

50_18502_18

さすがf1.8ですね。
背景が、思いっきりボケています。
でも、僕は、ここまでボケてしまうのは好きじゃないのと、ピントの範囲が非常に薄くてズレる可能性が高いので、あまり開放で使うことはありません。
まぁ、お好み次第と言うことでw

そして、もうひとつ。
DFA50㎜はマクロなので、寄れる事に関してはDA50㎜なんて問題外。
先程の写真覚えてますよね。
DA50㎜で、一番近づける距離を基準に撮ったものですが、DFA50㎜ MACROが本気を出すとどうなるか。
こうなります。

mc3_28mc3_80

左が、f2.8の開放で撮ったもので、右側がf8.0で撮った写真です。
等倍マクロであれば、ここまで寄ることができるわけです。
あっ、花瓶が汚れてるのは見なかったことに(;一_一)

さて、如何でしたでしょうか。
それぞれに特徴があり、ともに良いレンズだってことです。
僕の使い方であれば、DFA50㎜ MACROの方が合ってるのですが、コストパフォーマンスを考えるのであれば、断然DA50㎜でしょうね。
あの値段でこれだけ写れば、文句の付けようが無いと思います。
でも、やっぱりDFA50mm MACROの表現は素敵。
と言うことで、最後にDFA50㎜ MACROで撮った写真を載せておきますね。

IMGP4975

ここまで寄っても、等倍じゃないですよ♪
でも、これはマクロレンズじゃないと無理ですね。

  • レンズの詳細については >レンズについて をご覧ください。
  • «    »

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ