FUJIの色

正月ということで松の写真など。
それだったら、元旦に載せろよという声が聞こえてきたw
まぁ、僕もそう思わなくはないけど、元旦の記事を書くときには思いつかなかったんだもん^^;

ところで、今はFUJIFILMのX-E2にVoigtlander COLOR SKOPAR 35mm F2.5というLマウントのレンズを付けてるんですが、絞りを開けるとコントラストの低い写真になり、F8ぐらいまで絞るとコントラストの強い絵になります。
これが僕の感覚に合ってるのか、撮ってて気持ちいい。
それと、さすがにフィルムメーカーだけあって、色の作り方が上手いです。
上手いというか、自社のフィルムの色をJpegで吐き出すときに再現してるのですが、それをLightroomでもRAWファイルから現像段階で再現できるんですよ。
なんでも、FUJIFILMがノウハウを提供したとか。
やるねぇ、FUJI。

で、ここにきてマウントが違うカメラの使い方も固まってきました。
レンジファインダーのフィルムカメラはモノクロ写真専用として、現像も含め写真を楽しむ。
まぁ、ノスタルジックな写真を撮りたくなるとRF機を持ち出すって感じかな。
で、K-3はマクロと望遠域、そして少し気合を入れて写真を撮るとき。
マクロを使った物撮りなんかはK-3一択ですね。
基本的に、しっかりとした写真を撮ろうと思ったら、やっぱり一眼レフのE-3となるわけです。
安心感というか、自分が思い描いたとおりに撮れる。
そんな感じです。
そして、スナップに近い感覚でマニュアルライクに写真を楽しむ時はX-E2です。
アバウトな感覚で、こんな風に撮れたらいいなぁって軽い気持ちで撮るとき。
絞りを決めてシャッタースピードを調整する。
あとはピントをぐりぐりと回す。
レンジファインダーっぽい雰囲気もいいし、小さな古いレンズを付けてる姿も可愛らしいしw

ということで、今年はこの体制でいきたいと思います。
今のところは……ですけどね(;一_一)

あれ?
GRdigitalⅡとⅣの出番が無い!
通勤専用か?

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ