GRだって、まだまだ現役

忘れてもらっちゃ困る。
というわけで、2世代前のGRです。
まぁ、商品名からDigitalが無くなり、センサーがAPS-Cに移行した最初のGRといった方がわかりやすいか。
ちっこくて軽くてよく写る。ほんと、良く出来た奴です。
ただ、GR Digitalの時代はもうひと回り小さかったので、もっと手軽だったんですけどね。
それに、GR DigitalⅣには手振れ補正も付いてたし。

って、あれ?
今度のGRⅢって、ひと回り小さくなって手振れ補正も追加されたんじゃなかったっけ。
うらやましい。。。
さて、この“羨ましい” “やっぱり欲しい”という欲求を抑えるためにはどうすればよいか。
答えはひとつ。実機を触らないことです(-_-;)

カメラ屋さん、家電量販店を避けるべし。
特になんの不満も無く、毎日カバンの中で出番を待ってる殊勝な奴を見捨てるわけにはいかん。
モデルチェンジの度に目移りしてるようじゃ、お金がいくらあっても足らないし。
とはいうものの、ほんに物欲というものは恐ろしいものです。
気が付けば手の中に……ないない。
フルサイズ・ミラーレスの誘惑も乗り越えてきたし、今を耐えればきっと大丈夫。
とは思うのですがねぇ。 ← ちと自信なさげ(;一_一)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ