INDUSTAR61

この場所、僕の作業台兼カメラ置き場です。
で、今日はこの作業台でレンズの分解掃除をしてました。
旧ソ連製の INDUSTAR61 というレンズで、写真の一番右側に写ってるやつ。
レンズに埃が入ってたのと、少し曇ってたので綺麗にしたかったということなんですが、なんせジャンク扱いになっていた物ですから鏡胴もかなり汚れていたしヘリコイドもムラがあったんですよ。
それならということで、全部ばらしてオーバーホールすることにしました。
その時の写真ですか?
あはは、撮ってません^^;
全部ばらして並べたところで撮るつもりだったんですが、レンズの先端部分の汚れというかくすみがひどくて、本来は他の部分と同じ黒色なんですが、鼠色に変色してたんです。
それが嫌で、全部ばらしたところで、くすんでる輪っかの部分を鏡面仕上げにするためにルーターで削っていたのですが、その作業をしている間にすっかりと撮ることを忘れ、気が付いた時には組み上げていたというわけです。
その磨いた部分がこれ。

なんか、印象が変わってしまいましたw
でも、おかげでレンズはクリアで気持ちよくなったし、ヘリコイドのムラも無くなって気持ちよく回るようになったし、試し撮りでも文句なしの写りだったのでヨシとします。
とにかくサイズが小さいので、レンジファインダーにピッタリ。 ← あたりまえですが(-_-;)
X-E2にもジャストサイズで結構気に入ってます。
自分で手を入れたレンズって、どこか可愛く思えるもんです。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ