K-3を購入したキッカケ

R0010484

今更ながらですが、PENTAXのカメラについて全く書いてないことに気が付きました(-_-;)
というか、カメラ関係GRdigitalのことしか書いてないし。

という訳で、PENTAX K-3について少し書いてみます。
これまで、一眼レフのカメラというと、CANON、OLYMPUS、そしてPENTAXの3つを使ってきたのですが、僕の感覚で一番扱いやすくて手に馴染んだのがPENTAXのK-3です。
これ、サイズ的なこともあるのですが、形状と言うか形の面でもそうですね。
やっぱり、道具として使い続けるには形にもこだわりが有るわけで、CANONの丸みを帯びたフォルムは馴染めなかったんですよ。
これ、NIKONも同じような傾向があり、そういった意味でNIKONを使ったことがありません。
その点、OLYMPUSは、まだ直線を基本としているようなところがあるので良かったのですけど、長年使っているうちに、なんとなく別のカメラを使いたくなったんです。
OLYMPUSでは、数モデルを順番に購入し、最後に使っていたのがE-5なんですが、フォーサーズなのにカメラのサイズが大きくて、なんだかしっくりこない。
そう思っているところに、OM-D E-M1が発売となったので、これはと思って買いに行きました……が、実機を手にしてみると小さすぎる(-“-)
どうも、これはこれでおさまりが悪い。
しかも、ファインダーで見る感覚がしっくりこない。
どうすんだよ、と店頭で悩んでいると、少し離れたところから素敵なフォルムのカメラがこっちを見てるではないですか。
それがPENTAX K-3だったんですよ。
手に持ってみると、若干小指が余るものの、しっかりと手の中に納まる。
重さもちょうどいいし、覗き込んだファインダーもクリアで良く見える。
ほぉ~、これ、いいんじゃないの。

ただ、1点悩んだのが、背面液晶が固定式で動かないこと。
僕の撮影スタイルとして、ローアングルでの写真が多いのですが、ローアングルではファインダーを覗きこむことが出来ないため、どうしてもチルトやバリアングルの液晶が大活躍してたんですよ。
なので、これは痛い(-“-)
PENTAXにすると、腹ばいになってファインダーを覗くか? ← そんなことしません^^;
結局は、何を犠牲にして(妥協してかな?)最終的な機種を選ぶか、ということになるのですが、悩んだ末に、バリアングルを諦めてPENTAX K-3を選びました。
考えると、昔のフィルムカメラはバリアングルどころか、液晶画面すらありませんでしたから。 ← 自分を納得させるための言い訳w
ただ、それだけではなく、カメラとしての基本機能も納得の出来るもので、写真を撮る楽しさを分かっているメーカーだなと感じたのが最初の印象でした。
AFの弱さについては色々と言われてますが、それを言うならOLYMPUSも同じで、CANON,NIKON以外だと、似たような物でしょというのが、その時の僕の感覚です。
でも、暗所には強くて、少々暗くてもしっかりとピントを捕まえてくれる。
それに、プロじゃないし、動きの速いものを撮るわけでもないし、しっかりとピントが合いさえすればそれでいい。
まぁ、これも、自分を納得させるための言い訳なんですけどね^^;

でも、使い始めてから再確認したのが、やっぱり、撮る人の楽しさをわかってるカメラだなぁってことです。
以前にも書きましたけど、TAVモードなんていうのもそうだし、最上位のK-3だけではなく、その下の機種でもファインダーの視野率100%に拘ってる部分だってそう。
写真を撮るために、何を犠牲にして、何を妥協したらいけないか、その辺を考えながら作っているような気がします。
道具って、使い込んでいけば手に馴染んでくるし、操作だって慣れてきます。
すると、いちいち手元を見なくても、感覚だけでどこに何があって、どう動かせばいいかわかりますよね。
それは、どのメーカでも同じことがいえるのですが、その辺も、Pentaxは真面目に考えられてると思いますよ。
AFとマニュアルの切り替えにしても、カメラを構えたままの姿勢で、ファインダーから目を離すことなく左手の親指を動かすだけで簡単に切り替えられる。
そのような操作系がスムーズになっていると、自然と使う機能も増えてくる。
つまり、カメラの機能を使った撮影がやり易くなるし、搭載されている機能を使う範囲が広がるってことです。
せっかくの一眼レフなんだから、撮影の幅は広げたいですよね。
ホント、pentax良いですよ。Loveです。

でも、現像ソフトは自社開発しましょうよ(;一_一)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ