L2 VS BESSA-R

ここらで軽くCANON L2とBESSA-Rの比較でも。
高級感から言えば、L2の方が上です。
BESSA-Rはボディーの外装がプラスチックなので、高級感と言う意味ではL2に負けてしまいます。
その分、軽くて助かってはいますけどw
ちなみにR2からはマグネシウム合金になり、チープさが軽減されてます。
ただ、それで重くなったのと、マウントがLからMへと変更になっちゃったんですよね。

一方、使い勝手で見るとBESSA-Rの方が上です。
まずは、重量の違い。
僕の場合、どのカメラを持っても基本ハンドストラップなので、一日写真を撮ってると結構堪えるんですよ。
なので、少しでも軽い方が良いわけです。
レンジファインダー機を持ったことの無い方は、是非一度手に取ってその重さを体感してください。
カメラのサイズからは想像できない重さですよ。
それと、なんと言っても露出計が内蔵されていること。
普段、K-3で露出をカメラ任せで撮ってると、露出で悩むことなんて無いですよね。
状況に応じて、ある程度の補正をかけてやればおしまい。
でも、昔のカメラは自分で考えて自分でセットするわけですから、自分で適正露出を判断することがとっても重要になってくるんです。
これが難しい。というか、最後は勘と慣れですけどw
シャッタースピードと絞りは自分でセットしますが、その指標となる露出がファインダー内に表示されるBESSA-Rは便利。

次に、シャッターフィーリングですが(これ重要)個人的にはL2の方が気持ちいいです。
音自体は小さいのですが、L2は「カシャッ」という、カメラのシャッターってこんな音だったよなと思わせてくれる印象です。
一方BESSA-Rは「バシャン」という極端に言えばバネが動いているような音がします。
まぁ、実際バネが動いてるのですが^^;
たぶん、メタルフォーカルプレンシャッターと軽い外装の影響なんでしょうね。
なので、シャッター音は断然L2の方が好きです。
ちなみに、シャッター幕の材質はBESSA-Rのメタルに対してL2は布製です。
この違いもシャッター音に現れてます。
あと、BESSA-Rが縦走りなのに対してL2は横走り。

そして、決定的に違うのがファインダーの見え方。
共にレンジファインダーなので基本は同じなんですが、BESSA-Rは実像式の距離計を搭載してます。
実際にファインダーを覗いてみるとわかりますが、ピントの重なりがハッキリ・クッキリと見えます。
ファインダー自体が大きいので気持ちよく見えるしね。
ただ、覗く角度によってはピントの重なり合う部分が消えてしまうこともあり、時々イラッと(-“-)

ということで、簡単に僕の印象を書くと、
カメラとしての満足感としてはCANON L2の方が上で、使いやすいのはBESSA-Rということかな。
満足感というか、所有する喜び?としてはL2の方が高いということで、本来の目的である写真を撮るということについてはBESSA-Rの方が上だということですね。
なんにしても、レンジファインダーで単焦点レンズを使いまわすって楽しいですよ。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ