MC ROKKOR 絞り羽根のメンテ

御無沙汰していた MC ROKKOR-PF 1:1.7 55mm。
散歩にでもと思って部屋の中で試し撮りしてみたら、なんかおかしい。
絞りを回しても写りが変わらない?
よく見ると、絞り羽根が正常に動いていませんでした。

仕方が無いので、急遽予定を変更して絞り羽根の掃除をすることに。
まぁ、掃除といっても、前後のレンズユニットを外して羽根をエタノールでクリーニングするだけです。
で、レンズを外したのがこちら。

これ以上は分解する必要も無いので、今日はここまで。
本当は、後のリングも外す必要は無く、着けたままでも後ろのレンズユニットだけを外して絞り羽根にアクセスできます。
ただ、そうすると作業がやり辛くなるので、この部分だけ外したってことです。
でも、この状態にすると絞りリングもスポッと取れてしまうので慎重に。
取れてもいいのですが、カチカチとクリックさせるための小さな玉がポロっと落ちて行方不明になる可能性が出てきます。
あと、前側のピントリングも外す必要はありません。
というか、外してしまうと、たぶん無限遠の調整をする必要もでてくるので面倒くさい。

さて、実際の作業ですが、羽根の表と裏の部分にシリンジでエタノールを垂らしてやり、ニョッと突き出してる棒を動かして羽根を開閉させエタノールを行き渡らせるだけ。
それだけで軽い汚れは落ちますから、引っかかりも無くなりスムーズな動きに戻ります。
羽根がスムーズに動かない原因の多くは、羽根の汚れにあります。
なので、羽根さえ綺麗にしてやれば元に戻る可能性は高いですね。 ← あくまでも僕の経験上ですが(-_-;)
間違っても、絶対にオイルやグリスを付けたらだめですよ。
後はエタノールが蒸発して乾くのを待つだけ。
乾いたら分解と逆の手順で組み戻せば完了です。

いわゆる緑のロッコールですね。
このレンズ、本当はアダプター無しでX-E2に装着出来たら、僕的にはピッタリなんですけどねぇ。
でも、実際はそうもいかないのでアダプターをかましてますが、それだけ長くなってしまう。 ← あたりまえですが(-“-)
う~ん、残念。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ