Pentax Love

R0011119

なにをもって機能美と言うのか、それは各個人が感じることであって、これだと決まったものは無いと僕は思っています。
車であっても、手近な文房具であっても、誰かが言ってたから、雑誌に書いてあったからとか。
カメラだってそう。
これが機能美の代表的なデザインだなんて言われるから、そうなんだと思ってしまう。
でも、実際は、全ての人が同じように感じるわけないですよね。
もしそうだとしたら、同じカテゴリーの物は、全て同じ形の物になってしまう。
まぁ、暴論ですが^^;

結局、その人の感性によって、見方、感じ方は変わってくるのだと思います。
だから、僕はPentaxのデザインが好き。
使いやすいダイヤルとボタンの配置(おまえが使い慣れてるだけ、と言う話もありますがw)直線が基本のシャープなデザイン。
でも、人によってはCANONやNIKONのような、丸みを帯びたデザインの方が綺麗だという人も多いはずです。
実際、CANONもNIKONも売れてるし。(デザインだけが理由じゃないけど)
直線を多用している=ゴツゴツしている=武骨
そう感じる人もいるようですが、それこそ個人の好みなんでしょうね。

僕がPentaxを好きな理由は、メーカーの写真に対する考え方、スタンス、それと使いやすさと、少しマニアックな方向を見ているところ。
そして、デザインです。
回顧主義という訳でもありませんが、昔のカメラって直線が基本でしたよね。
やっぱり、それがカメラの原点のような気がするんです。
Pentaxにはそれがある。
そういう意味では、Olympusも近いものがありますが……SONYやFUJIFILMもそうか(-_-;)
あれ?直線が基本のカメラって多かった?

いずれにしても、僕はPentax Loveなわけです。
好きなことに理由なんて必要ないじゃん。 ← こら(-“-)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ