RAWの底力

これ、マニュアルで撮影した時の失敗写真です。
薄っすらと、なにかが写っているのはわかりますね。
要するに、露出を合わせそこなったってことなんですが……
この写真を元に、Lightroomで露光量をMAXまであげるとこうなります。

ほら、一応、普通の写真らしくなりました。
まぁ、綺麗だとは言えないけど、なにが写っているのか分かるレベルですね。
でも、ここまでできるのはRAWで撮っていたおかげです。
それだけ情報量が沢山残っているということで、同時撮影したJPEG保存のデータを元に、露光量をMAXまで上げた場合はこうなります。

なにが写っているかはわかるけど、色が抜け落ちているし画像の粗さも違ってます。
ということで、リカバリーの幅を持たせるためにもRAWで保存するのが無難ですね。
Jpegで設定したイメージが気に入っているなら、Jpegの写真をメインに、バックアップとしてRAWを使うのもアリ。
僕はRAWファイルをメインで使い、バックアップ用にJpegで保存してます。
K-1だと、2枚のSDカードが使えるからできるんですけどね。

ただし、白くぶっ飛んでしまった写真の場合、いかにRAWファイルだと言っても復元するのは無理です。
白く飛んだ時点で情報が残ってないですから。
露出オーバーよりも、アンダー気味の方が補正範囲は広いですよ。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ