smc PENTAX-D FA MACRO 50mmF2.8

R0010850

気軽に持ち出せて、目に付いたものをバチャバチャ撮れるレンズ、尚且つ、撮ってる途中で気持ちが萎えないもの。
という感覚で選んだ1本です。
気持ちが萎えないって、意味わからないですか?^^;
時々、僕はレンズ1本で、散歩気分の写真撮影に出かけます。
これ、Olympusを使っている時から同じスタイルで、そんな時に持って行くのが35mmか50mmのレンズなんですよ。
OlympusとPentaxでは、同じ35mm、50mmといっても、フォーサーズとAPS-Cの違いが有るので、同じとは言えないんですが、まぁ、その辺は置いておいて、とにかく35mm、50mm。
Pentaxになってからも感覚的には変わっていなくて、お気軽散歩レンズは35mmか50mmがいいなぁと思っていたんです。

それなら、既に、撒き餌レンズのレベルを超えた35mm、50mmを持ってるじゃないの。
ということなんですよね。
たしかにそうなんですが、Olympusの時と同じ使い方が出来ない。
要するに、もっと寄りたい時に、寄れないということです。
僕が持っていたOlympusの単焦点レンズの中で、35㎜と50㎜は共にマクロレンズでした。
ですから、撮りながら色々と構図を変え、しゃがみ込んだり、見上げたり、這いつくばったり……は無いか、とにかく、頭の中でイメージしたようにカメラを振り回してたんですよ。
マクロだから、多少近付こうが気にする必要もないし、撮っている途中で途切れることがありませんでした。
でも、Pentaxになってからは、同じような感覚で撮ってると、ピントが合わずに“えっ”と思うことが度々あったんですよ。
あまりにも、寄り過ぎですって。
そこで、気持ちが萎えていくw

今までできていたことが同じようにできないって、結構なストレスです。
マクロレンズとしてはタム9を持っているのですが、長さを考えると、お散歩レンズとは少し違って、写真を撮ることを目的にウロウロする時用、もしくは、本気でマクロ写真を撮る時。
僕の中では、そんな位置づけなんですよね。
という訳で、悩んだ挙句、標準もしくは中望遠としてsmc PENTAX-D FA MACRO 50mmF2.8を選んだということです。
35mmにしなかったのは、単純に焦点距離の問題。
やっぱり、僕は50㎜の長さがしっくりくるので、バシャバシャ写すには50㎜だろうと。
smc Pentax-DA 50mm f1.8との比較については、改めて別の記事で書きますので、この記事ではsmc PENTAX-D FA MACRO 50mmF2.8のことだけを書いていきます。 ← もしかして、ここまで前フリ?(-_-;)

まず、K-3に付けた感想ですが、軽い!
サイズ的には、撒き餌レンズの50mmよりは大きくなりますが、世間でチープと呼ばれているプラ鏡胴が軽さの一因になっているのは間違いないですね。
そして、鏡胴部分はプラスチックでも、マウント部分はしっかりと金属製です。
ただ、軽いと言っても、DA 16-85mmとか他のズームに比べたら、と言う話で、付けていることを忘れるぐらいの軽さとまでは言えないですよ。
でも、このチープと呼ばれることもあるプラ鏡胴ですが、個人的には嫌いじゃないです。
どちらかと言えば、スタイリッシュとは呼べませんが、レトロっぽさが残り、カメラのレンズという雰囲気を感じます。
それと、レトロさを感じさせるのは、絞りリングが付いているせいもあるのかな。
今の時代、絞りリンクは必要ないかもしれないですが、昔のフィルムカメラを使うのであれば……って、もうフィルムカメラ持ってないし。

次に、AFですが、K-3に付けた状態では、それほど遅いとは感じませんでした。
普段の撮影で使う範囲であれば、ジィィィカチャぐらい。 ← わからん(-“-)
ボディーAFなので、それなりに音は大きいですが、あまりAFが迷うことも無く一発で決まれば、ストレスにもならないと思います。
DA55-300㎜であきらめがついたのか、あれと比較すれば何でも許せてしまうかもw
まぁ、真面目な話、マクロで使うつもりなら、AFよりも最終的にはマニュアルで合わせると思うので、大丈夫かな。
とは言え、AFの精度もそれなりに高くて、あまりピントを外すことはありません。
ちなみに、僕のレンズは、AF微調整で+1にしてます。
いつかは、サービスセンターで調整してもらうかな。
AFのついでに、マクロで多用されると思うピントリングですが、このレンズはクイックシフトフォーカスに対応しているので、AFのままマニュアルに移行できます。
これ、本当に便利ですよ。
ただ、ピントリングの動き出しに若干の遊びがあり(左右両方とも)もしかすると、気になる人は気になってしまうかもしれません。
遊びがあると言っても、動き出しだけなので、ピント調節している時には全く影響ないし、慣れてしまえば気にならないです。
リングの回転もスムーズで、ほんの少しザラっとした感触が指に伝わるかもしれませんが、スカスカでもなく僕にはちょうど良い感覚かな。

そして、肝心のピントですが、ピントの合った範囲はしっかりと解像しており、この辺りはさすがマクロです。
とは言え、それほどカリカリとした線ではなく、優しい感じ。
その辺が、カッチリとした写真が好きな僕としては物足りなく感じるかと心配してたんですが、いやいやどうして、これはこれで素敵です。
このレンズ、コントラストも自然で、癖の無い素直な色合いとマッチして、落ち着いたというか、優しい雰囲気を出してくれると思います。
とにかく、とても良いレンズだと思いますよ。

【追記】
等倍にした時のワーキングディスタンスはこんな感じ
R0010868

IMGP4978
pentax K-3 1/400秒 f5.6 ISO-100

IMGP4998
pentax K-3 1/125秒 f5.6 ISO-100

IMGP4991
pentax K-3 1/50秒 f5.6 ISO-100

  • レンズの詳細については >レンズについて をご覧ください。
  • また、レンズの駆動音を確認したければ、こちらの記事で聞くことが出来ます。

    «    »

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ