SMC PENTAX-FA 1:2.8 28mm AL

SMC PENTAX-FA 1:2.8 28mm ALです。
このレンズもヤフオクで落札したのですが、他に出品されている28mmより安かったんです。
その理由はレンズの枠が欠損していたから(-_-;)
まぁ、プラスチックで作られているし何らかの不注意で割れても不思議じゃないんですが、問題はその割れ方ですね。
大きな衝撃があったとか、高所から落下させたのなら、レンズ全体が歪んでいたりヘリコイドが引っかかったりするのでNGですが、写真で見る限り鏡筒に傷や凹等のダメージも無いし、説明文でも動作と光学系には問題ないと書かれていたので落札したというわけです。

さて、届いた商品はどうだったかというと、絞りもAFの動きも問題なく、光学系もカビや曇りの類も無く綺麗でした。
説明通りだったということです。
そして、レンズ枠の欠損もw
まぁ、購入する時から、欠損部分はプラスチックだし、プラリペアで修復することを想定してましたからね。
結果、中々想定通りにはいかないものです。はい。

どうなったかというと、欠損部分はプラリペアで修復できたのですが、フィルター用のネジ部分も復活させようと考えて、後で外すつもりでフィルターを枠に捻じ込みプラリペアを流し込んだわけです。
枠の欠損部分はしっかりと埋まり元の状態に戻ったのですが……外す予定のフィルターがガッチリプラリペアに食い込んだのか外れませんw
そして、しばらく悩んだ結果、そのままの状態で使うことにしました。
なので、ガラスを外したフィルターの枠だけがレンズの先に付いている状態です。

ね、フィルターの枠だけが付いているのわかるでしょ?
これ、フィルターのガラスは外してます。
なんかね、古いレンズの場合、保護用のガラスフィルターといえども、レンズ以外の余分なガラスに光を通過させるのが嫌なんです。
ガラス一枚重ねても大して変わらないだろうし、気分の問題だとは思いますけどね。

そして、肝心の写りの方ですが、噂通りとても良いです。
実際に撮った写真は後日載せますが(たぶん)開放から柔らかさを残しつつ確りとした写りを見せてくれます。
ただ、周辺光量落ちは、それなりに大きいですね。
でも、5.6まで絞れば全体にカッチリとした写りで気持ち良いし、光量落ちもスッキリ解消されます。

時々、開放ではピンが甘いと書いている方がおられるようですが、カメラ側でのピントの微調整をしてやれば、かなり解消されるのではないかと思っています。
ちなみにこのレンズの場合、+5の設定にしてほぼジャスピン。
まぁ、僕のK-1はアレですから(;一_一)

ガラスの無いフィルターを付けてるって、不思議な感じですよね。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ