smc PENTAX-M 1:2.8 100mm

先日手に入れたM 100mmです。
ヤフオクで見つけて、135㎜も持ってるのに必要か?と一瞬だけ躊躇し、ポチっと押してしまいましたw
まぁ“開放2.8ってことで135㎜よりも明るいし”なんて自分に言い訳をしていたわけですが、その開放で撮ったのが最初の写真です。
このレンズ、最短撮影距離が1mなので135㎜の1.5mよりも近づけます。
ということで、だいたい1.1mぐらいの距離で右のグリップ手前にピントを合わせてます。
ほとんど、何処で撮ってるんだ?てな状態ですよね。

次に、f/8に絞った状態で撮ったのがこれ。

こうなると、ハンドル全体にピントが合ってきて、背景も“もしかして海じゃねぇ~の?”ぐらいは分かるようになってきました。
背景をぼかして撮るといった場合、だいたいこれぐらいのボケが良いのではなかろうかと。
さっきのf/2.8はボケ過ぎて……と言うか、被写体が近すぎたということで、開放で撮るならちゃんと構図を考えましょうってこと。

最後に、目一杯絞り込んでf/22で撮ったのがこちら。

ここまで背景が写れば、状況も見えてきますね。
でも、どれだけボカすかは好みの問題だし、置かれている状況にもよるし、これが一番良いとは言えない。 でしょ?

ところで、このsmc PENTAX-M 1:2.8 100mmは、軽くて小さくて確りと写るし良いレンズだと思います。
さすがに開放で撮ると周辺の光量落ちも多いし(僕は好きだけど)逆光で撮ると白く飛びやすいし、今のレンズと比較するとダメなんでしょうね。
だけど、撮ってると楽しいです。
楽しいのはこのレンズという訳ではなく、マニュアルの単焦点レンズが楽しいってことですが。
どうです?
オールドレンズを使ってみませんか?

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ