SMC PENTAX-M 1:2.8 28mm 最短撮影距離

これもまた古いレンズになりますが SMC PENTAX-M 1:2.8 28mm です。
フィルム時代のレンズで、この頃は広角の28mm、標準の50mm、望遠の135mmをセットにして揃えていた人も多かったと思います。
35mmはどうしたんだって?
僕があまり好きじゃないので(;一_一)
好きじゃないというか、使いどころがよく分からないんですよね。
まぁそれはいいとして、この28mmですが前期型と後期型があります。
僕の持っているのは前期型。

見分け方は、銘板の上にシリアルナンバーが刻印されていることと、ピントリングの先端部分が銀色に縁どられていること。
で、この前期と後期ですが、ネットで見ていると前期の方が良いという意見と後期の方が良いという二つに分かれているようです。
僕は後期型を持っていないので比べようもなく、どちらが正しいのか分かりません。
前期型の性能が悪かったので、直ぐに修正を加えて後期型に変更した。
なんて話を聞くと、確かに理にかなっているし後期型の方が優れている理由としては尤もらしいと思うわけです。
でも、前期型の方が優れているという意見も多いし……結局のところ、よくわかりません。
僕としては、イメージに合った写真が撮れたらどっちでもいいわけです。

さて、今日のタイトル「28mm 最短撮影距離」の話ですが、30cmとなっています。
これ結構寄れますよ。
それに28mmという広角なので、テーブルフォトでも使えます。
ただし、不要な物まで写り込む可能性があるため場所を選ぶかもしれませんが。。。
ちなみに、フィッシュアイの10-17mmは最短撮影距離が14cmとなっています。
ということは、ワーキングディスタンスが数センチということで、ファインダーを覗きながらカメラを動かしてるとレンズ先端が被写体にぶつかることもあるw
この28mmはそこまで短くないため、ぶつけてしまうことはまずありません。
実際に30cmの距離で撮るとどのような感じになるかというと

こんな感じです。
絞りは開放の2.8です。
この距離でこの構図だと、少々絞ってもあまり変わりません。
ということで、5.6に絞ったのが次の写真

ROKKORの距離表示やレンズ周辺の文字辺りがボケているかどうかぐらいですかね。
どこまでボカすかはその時の状況しだいなので、これぐらい写れば文句は無い。

後は、今どきのレンズと違い小さいです。
これだけではなくて、50mmでも135mmでも現行品と比べたらサイズも重量も全く違います。
あっ、135mmって今は無いですね^^;
このサイズ感、K-1に付けると小さすぎるという気がしないでもない。
でも、悪くは無いと思います。

やっぱ、ちと小さいか。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ