smc pentax-m 135mm f4

僕には珍しく、真面目に鳥の写真を撮ってみました。
て言うか、偶然直ぐ近くにいたから僕にも撮れたってことですがw
でも、真面目に撮ってこれか……(-_-;)

この時の組み合わせは、K-3にsmc pentax-m 135mm f4。
フルマニュアルで、グリーンボタンのお世話にならないとダメな手のかかるレンズです。
そんなめんどくさい奴ですが、ピントを合わせる感触がなんとも気持ち良いんですよ。
口径49mmで小型だし、今どきの50mm標準レンズとサイズ的にも変わらない手軽さ。
それに、意外と解像感も高いようだし。
ただ、グリーンボタンでシャッタースピードを決めるわけですが、これが時々頓珍漢な設定をしてくれる。
基本、レンズの絞りリングで絞り値を決め、ISO設定で数値を固定。
その状態でピントを合わせてグリーンボタンをポン!
で、シャッタースピードが確定されるわけです。

慣れてしまえば一連の流れの中でスムーズにできるのですが、AFに慣れていると戸惑うこと間違いないし。
普段、フルオートで撮ってると、余計にわけわからんようになってしまいます。
どうも使い勝手の悪さから評判のよろしくないMレンズですが、結構デジタルでも使えますよ。
オークションで千円ちょい出せば買えるし、その気になればジャンク物として数百円で手に入ります。
ただし、メンテナンスが必要ですけど。
少しだけ、オールドレンズの世界を覗いてみてはいかがでしょ?
その先は、どうなっても責任持てませんけど(;一_一)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ