super-takumar 55mm 1:1.8(パーツ)

super-takumar 55mm 1:1.8の絞り機構部分です。
普段は見ることも無い、というか見る必要のない部分ですね。
周囲のリングを回すと中の爪のような部分が動いて、絞りの羽を開閉する仕組みです。
その組み合わさる方の絞り部分がこちら。

真ん中に板のような物が付いているのですが、この板が先程の爪の部分に嵌まり込んで動くわけです。
その横に、動きをサポートするようにバネが組み込まれています。
なので、構造は簡単なのですが、気楽に分解していると厄介なことになります。

絞りリングを外すと、リングの内側に何本かの溝が切ってあります。
この溝に小さな金属のボールが嵌り、カチカチと音を立てながら絞りを固定していくようになっています。
その小さなボールが収まっているのは、鏡筒側の小さな穴なんですが、別にボールを固定するものが付いている訳でも無く、ただ裏に板バネの付いている小さな穴があるだけ。
その穴がこれです。

側面の真ん中に穴があるの分かります?
この穴に金属のボールが嵌っているだけなので、力任せにリングを抜き取ると、その勢いで金属のボールが飛んで行ってしまうことになります。
まぁ、これまでの経験では、ゆっくり抜いてやると、グリスなどで穴にへばり付いてその場所に残ったままになっていることが多かったです。
でも、そのまま放置していると、気付いた時には無くなってることにも成りかねないので、ひとまず穴から取り出して無くさないように保管しておきましょう。
ちなみに、右上の穴は、他の部品を固定留守ためのビス穴です。

ということで、分解の全工程を紹介してるわけではなく、手元にあった部品の写真を紹介してみました。
バラした部品が手元にあるということは、オーバーホール不可能な状態のレンズだったということ。
オークションで安く落札すると、こういう物もあるということで。
部品としてなら使えますけどねw

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ