TESSARの持病?

以前、K-1に付けたTESSARを載せましたが、当然、X-E2にも使えます。
こんな風に撮ると、レンズの大きさがアンバランスに見えてしまって不思議な感じ。
レンズ単体ならわりとコンパクトなレンズなんですが、X-E2に付けるにはアダプターが必要なので長くなってしまう。

わかります?
分かり難いですか(-_-;)

シンプルな構造のレンズですが、良く写ります。
ただ、長年使っていると内部のバネがダメになることも多く、絞りが途中で止まってしまうとか不具合が出てきます。
時々、絞りの動きが緩慢ですとか、途中から動きません等とジャンク扱いでオークションに出てたりしますが、その原因の大部分がバネの劣化だったりします。
これ、コイル状の細いバネなので素材さえあれば自作することもできるのですが、その素材に合うものが中々無い。
僕のTESSARも同様の症状だったので、バネを自作して交換してあります。
色々と素材になりそうなものを探した結果、ギターの弦を使ってます。
ただ、小さなバネなので綺麗な形でコイル状に加工するのが難しいことと、弦よりも弾力性の弱い物を使う方が良いかと思います。

僕のTESSARでいうと、マニュアルで使う分には気持ちよく動き全く問題ないのですが、Autoポジションにするとバネの反発力が強すぎてAutoが効かない状態です。
まぁ、Aポジションで使うことは無いので、全く問題無い……僕の場合は^^;

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ